BLOG

その後の私たち:F5のマルチクラウド ネットワーキング戦略とGartnerの「2021年版クラウド コンピューティングにおけるクール ベンダー」レポート

Mark Weiner サムネール
Mark Weiner
Published October 11, 2021
  • Share to Facebook
  • Share to Twitter
  • Share to Linkedin
  • Share via AddThis

Get the Gartnerの「2021年版クラウド ネットワーキングにおけるクール ベンダー」レポートを今すぐ入手する


2020年、Gartnerは、クラウド コンピューティングにおけるクール ベンダーの調査でVolterraを評価しました。今年、Gartnerは、「2021年版クラウド ネットワーキングにおけるクール ベンダー」の「Where Are They Now(彼らのその後)」のセクションで、F5によるVolterraの買収を取り上げています。

アナリストのAndrew Lerner氏、Arun Chandrasekaran氏、Jonathan Forest氏、Joe Skorupa氏が執筆した今年のレポート「クラウド ネットワーキングにおけるクール ベンダー」では、「パブリック クラウドやKubernetes環境におけるネイティブなネットワーキング機能は、特に企業の本番ワークロードでは不足している可能性があり、このギャップは、既存のネットワーキング ベンダーでは必ずしも対応できないため、インフラストラクチャおよび運用(I&O)のネットワーキング リーダーは、新興のクールなクラウド ネットワーキング ベンダーに注目すべきである」と述べています。

GartnerがF5 Volterraを継続的に分析し、企業が開発と運用をよりクラウドネイティブに進化させる際に直面している課題を明らかにしたことは、ビジネス変革の目標を達成するためには、最新の分散型アプリケーションにも同様に最新の分散型クラウドネイティブ インフラストラクチャが必要であるという、当社が目指す基本的なコンセプトを強化するものであると考えています。F5 Volterraのクラウド ネイティブ アプリケーション ネットワーキングとセキュリティ スタックは、as a Serviceとして提供され、アーキテクチャと開発のチームにセキュリティとパフォーマンスの向上をもたらし、クラウド環境でコンテナ化されたワークロードの運用の複雑さを軽減します。

F5では、お客様から、開発と運用の両方でクラウドネイティブになるための取り組みは長く、複数のステップやステージで実行されるという話を何度も聞いています。具体的な課題としては、DevOpsと既存のI&Oチームとの間の文化的な移行とコラボレーションの促進が挙げられます。これは、Gartnerのアナリストが2020年5月6日に発表したDevOpsの実務における最適のネットワーキング方法の中で指摘していることで、Andrew Lerner氏とGeorge Spafford氏は次のようにまとめています。「理論的には、DevOpsにはインフラストラクチャのあらゆる側面が含まれますが、実際には、特にオンプレミスのデータ センタでは、ネットワーキングはDevOpsの取り組みとは大きくかけ離れています。」

「クラウド ネットワーキングにおけるクール ベンダー」で指摘されているその他の課題は以下のとおりです。

  • 「ネットワーキングの機能や管理用語、アプローチがパブリック クラウドのプロバイダによって異なるため、管理上の課題が生じています。」
  • 「Kubernetesに付随するネイティブなネットワーク機能は、可視性やセキュリティの面で、また大規模に、企業にとって不十分である場合が多くなります。」

つまり、主要なパブリック クラウドのリソースや環境をクラウドネイティブにすることはそれだけで困難ですが、それを複数のクラスタ、ロケーション(プライベート/ハイブリッド、エッジなど)、さらには異なるプロバイダにわたって行うことは、さらに困難な要素です。これは、F5 Volterraが広範囲に渡って革新を行っている分野であり、F5 VolterraのSaaSサービスが、分散型ロードバランサー/Kubernetesのイングレスエグレス ゲートウェイ、APIゲートウェイ、WAF、DDoS、APIセキュリティなどを、すべて集中型コントロール プレーンで提供し、エンドツーエンドの可視性とポリシー コントロールを実現している理由でもあります。

ご関心がある場合は、F5のSaaSベースのマルチクラウド ソリューションの記述をご覧になるか、Volterraの対話型ツアーに参加したり、無料または低コストのセルフサービス製品を利用して自分のペースでお試しになることをお勧めします。

____

F5のマルチクラウド ソリューションの詳細はこちら