デモ

F5 Virtual EditionとIntel SmartNICによるネットワークDDoSの緩和

送信していただきありがとうございます。資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は、企業のブランドや評判に傷をつけ、さらには金銭的な損失にもつながりかねないダウンタイムの脅威を与えます。ネットワーク層、DNS層、TLS層への攻撃は、ネットワーク、アプリケーション、その他のサポート インフラストラクチャへのアクセスを不可能にします。大規模なネットワーク層のDDoS攻撃は、大量のCPUリソースを消費し、最終的にはセキュリティ ソリューションに過剰な負荷をかけてサービスを停止させます。

5Gへの世界的な移行は、Webに接続されたデバイス数の増加と相まって、より強力なDDoS攻撃が、お金で雇われた小規模なボットネットの力を使って行われることを意味します。これにより、このような攻撃の脅威と複雑さは、かつてないほど大きくなっています。

ソフトウェアベースのセキュリティ ソリューションをクラウドやエッジに移行する企業が増える中、堅牢で高性能なDDoS対策の導入はますます困難になっています。Intel SmartNICを搭載したF5のBIG-IP AFM Virtual Edition(仮想DDoSソリューション)では、SmartNIC内に組み込まれた高性能FPGAを利用して、複雑で大量のDDoS攻撃に対処できます。その結果、最大40Gbpsの攻撃を阻止し、TCOを最大50%削減することができます。

詳細はデモをご覧ください。