F5 GLOSSARY

Active/Active構成

Active/Active構成とは、同じ機能を持つシステム要素(機器や通信回線等)を複数用意し、これらを組み合わせて全体のシステムを構成する、冗長化手法の1つです。同一機能を提供するシステム要素を複数用意しぎません。Webサーバやアプリケーション サーバ等で用いられることが多く、主な目的は負荷分散によるパフォーマンス向上です。ただしLBクラスタも可用性を高める効果があります。

Active/Active構成は、HAクラスタの構成方法の1つです。例えば2つのシステム要素でActive/Active構成を取った場合、通常は両方共稼働しているため、パフォーマンスが向上します。一方がダウンした場合には、状態を引き継いだ状態で、残りのシステムが処理を引き継ぎます。

これに対してActive/Standby構成というHAクラスタの構成方法もあります。これは通常、一部のシステム要素だけが稼働し、他のシステム要素は待機状態になっています。稼動状態のシステム要素がダウンした時に、待機状態のシステム要素が稼動状態へと切り替わり、それまでの状態と共、これらを同時に稼働させます。このうち1つのシステム要素がダウンした場合は、他のシステム要素がその処理を肩代わりします。

冗長構成の実現方法としては、大きく「HA(High Availability)クラスタ」と、「LB(Load Balance)クラスタ」に分けることができます。HAクラスタは、処理を肩代わりする際に、肩代わり対象となるシステム要素の「状態」も引き継ぎます。通常はデータ完全性が求められるデータベース サーバ等で利用され、主な目的はその名が示す通り、高可用性の実現です。一方、LBクラスタは、処理を肩代わりする際に「状態」を引き継に処理を引き継ぎます。


< Return to the glossary