F5 GLOSSARY

BIND

BINDとは「Berkeley Internet Name Domain」の略であり、カリフォルニア大学バークレイ校(UCB)で開発された、オープン ソースのDNSサーバです。開発は1980年代の初期から始まっており、最初のバージョンは1988年にリリースされました。当初はBSD系UNIXに実装されましたが、現在でも世界中で運用されているDNSサーバに採用されていると言われています。

BINDの開発は、元々はDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:アメリカ国防高等研究計画局)の資金で始められたものであり、1980年代の中頃にDECの社員だったポール・ヴィクシー(Paul Vixie)氏によって引き継がれました。同氏はDECを離れた後、BINDを含むインターネット関連ソフトウェアのサポートを行うInternet Software Consortium(ISC)の立ち上げに参画、ISCの活動は2004年にInternet Systems Consortium(ISC)へと引き継がれ、現在はこのISC(Internet Systems Consortium)がBINDの開発とサポートを行っています。

2016年1月の時点で、最新バージョンは「9.10.3-P3」、安定バージョンは「9.9.8-P3」となっています。

「BIG-IP DNS(DNS)」は、さまざまなアーキテクチャにまたがる世界のグローバル ロード バランシング アプリケーションとDNSのためのフル プロキシとして構成できます。


< Return to the glossary