F5 GLOSSARY

コンテンツサーバ

コンテンツ サーバとは、ユーザに提供するコンテンツ(情報)を自ら保有・管理しているサーバを意味します。これと対比されるのがキャッシュ サーバです。キャッシュ サーバはコンテンツ サーバが管理するコンテンツの複製を保存し、ユーザからの要求があった場合に、コンテンツ サーバに代わってコンテンツを配信します。これによってコンテンツ サーバの負荷軽減や、ネットワーク トラフィックの削減等を実現します。

ただし、インターネットの世界でコンテンツ サーバといった場合には、「DNSコンテンツ サーバ」を指します。DNS(Domain Name System)は、ドメイン名とIPアドレスとの対応を管理するシステムであり、世界中に存在する多数のDNSサーバで構成されています。特定のDNSサーバが全てのドメイン情報を保持しているわけではなく、「委任」と呼ばれる仕組みでドメイン毎に管理対象を分割し、名前解決に必要な情報を分散型で管理しています。

管理対象となるドメインのことを「ゾーン」と言います。特定のゾーンの情報を管理しているDNSサーバを、そのゾーンの「DNSコンテンツ サーバ」または「権威DNSサーバ」と言います。一方、ユーザからの問い合わせを受け、他のDNSサーバに問い合わせを行い、その結果をユーザに返すサーバを「DNSキャッシュ サーバ」と言います。


< Return to the glossary