F5 GLOSSARY

EV SSL証明書

EV SSL証明書とは「Extended Validation SSL証明書」の略で、従来のSSLサーバ証明書の認証方法をより厳格にした、信頼性の高いSSLサーバ証明書です。EV SSL証明書の発行プロセスは、一般に以下の4ステップで成り立っています。

1.CSRの作成

CSRとは、認証局に提出する署名リクエスト(Certificate Signing Request)です。WebサーバのFQDN、運営組織名、国コードを記載し、証明書の対象となるWebサーバ上で作成します。

2.オンライン申請

認証局運営組織のWebサイト等で、申し込みを行います。

3.申請書類の送付

登記簿謄本や利用規約同意書、申請者責任確認書、印鑑登録証明などの書類を認証局運営組織へ送付します。

4.認証局による確認

認証局運営組織が、申請情報の確認や申請者への電話確認等を行います。これによって申請者の正当性を確認した上で、証明書が発行されます。

EV SSL証明書に対応したWebブラウザでは、EV SSL証明書を取得したWebサイトにアクセスする際に、アドレスバーにグリーンの表示が行われる等、安全であることが一目でわかるようになっています。EV SSL証明書が発行されたWebサイト以外にはアクセスしない、という行動を徹底することで、フィッシング詐欺等の被害を防止しやすくなります。


< Return to the glossary