F5 GLOSSARY

File Transfer Protocol (FTP)

FTPとは「File Transfer Protocol」の略で、2台のコンピュータの間でファイルを転送するための、アプリケーション レイヤのプロトコルです。FTPクライアントからFTPサーバに接続要求を行い、ログインによってユーザを認証した上で、クライアントからサーバへのファイルアップロードや、サーバからクライアントへのファイルダウンロードを行います。

FTPでは2つのTCPコネクションを使用します。1つは制御用のコントロール コネクション、もう1つはデータ転送用のデータ コネクションです。サーバ側はコントロール コネクションに21番ポートを使用し、クライアントからのコントロール コネクション接続要求を待ちます。コントロール コネクションの接続要求は、必ずクライアント側から行います。これに対してデータ コネクションは、クライアント側からでもサーバ側からでも要求を行えます。データ コネクションをサーバ側から要求する動作をアクティブ モード、クライアントから要求する動作をパッシブ モードと言います。

FTPは主に、Webページの更新に必要な各種ファイルをWebサーバにアップロードする、サーバからソフトウェアやファイルを配布する、といった用途で使用されてきました。ただしインターネットの初期の頃から存在するため、セキュリティ面での脆弱性が存在します。そのため最近では、FTP以外の手段が使われることが多くなっています。例えばWebサイトからソフトウェアやファイルを配布する場合にはHTTPダウンロードが一般的になっており、Webサイトの更新はコンテンツ マネジメント システム(CMS)の利用が増えています。


< Return to the glossary