F5 GLOSSARY

HTTP 1.1

HTTP/1.1とは、Webブラウザ等のクライアントとWebサーバとの間で、HTML等のコンテンツの送受信に使用される、HTTPのバージョンの1つです。HTTPは、1991年にHTTP/0.9、1996年5月にHTTP/1.0、1997年1月にHTTP/1.1、2015年5月にHTTP/2が公開されています。

最初のバージョンであるHTTP/0.9は極めて単純なものであり、レスポンスに関する規定がなく、メソッドもGETしかありませんでした。HTTP/1.0になるとレスポンス ヘッダが規定され、メソッドもPOSTやPUT、DELETE等が追加されました。

HTTP/1.1ではメソッドがさらに拡充され、名前ベースのバーチャル ホストもサポートされるようになりました。バーチャル ホストとは、1台のサーバ上に複数の仮想的なWebサーバを動かす仕組みであり、同一IPアドレスに複数のホスト名を割り当てて運用します。HTTP/1.1ではHostヘッダを記述することで、アクセス先のバーチャル ホストを指定できます。

Webコンテンツがリッチになることで応答時間が長くなるという課題に対応できるよう、サーバとの接続を維持したまま複数のリクエストを処理できる「KeepAlive」や、リクエストに対するレスポンスを待たずに複数のリクエストを送り出す「パイプライン処理」も可能になっています。これによってTCP接続リソースを節約でき、レスポンス時間の短縮も可能になりました。

現在最も広く使用されているのは、HTTP/1.1です。なおHTTP/2では、TCP接続リソースのさらなる有効活用や、パフォーマンス改善、セキュリティ強化が行われています。


< Return to the glossary