F5 GLOSSARY

Infrastructure as a Service (IaaS)

IaaSとは「Infrastructure as a Service」の略で、情報システムに必要なサーバ等を仮想化された形で提供し、インターネット経由で利用可能にした、クラウド コンピューティングを実現するためのサービスの1つです。当初は「ハードウェアをサービスとして提供する」という意味から「HaaS(Hardware as a Service)」と呼ばれていましたが、PaaS(Platform as a Service)やSaaS(Software as a Service)との対比を明確にし、より包括的な意味を持たせるために、IaaSと呼ばれるようになりました。

IaaS/PaaS/SaaSの違いは、以下のように表現できます。

IaaS

仮想化されたサーバやその上で利用するストレージ、ファイアウォール等のネットワーク機器、さらにそれらを接続するネットワーク(通常はVLAN)を、クラウド上で提供するサービス。アプリケーション稼働に必要なOSは、顧客自らがインストールする必要があります。Amazonが提供する「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」等が、その代表例だと言えます。

PaaS

仮想化されたサーバの上にOSや各種開発言語環境、データベース サーバやWebサーバ等のミドルウェアを用意し、アプリケーション開発・稼働のためのプラットフォームを、クラウド上で提供するサービス。顧客は仮想サーバ等のインフラに関する管理や設定を、サービス事業者に任せることができます。Microsoftが提供する「Microsoft Azure」等が、その代表例だと言えます。

SaaS

クラウド上で特定のアプリケーションを提供するサービス。Googleが提供する「Google Apps」等が、その代表例と言えます。

IaaSはホスティング サービスに似ていますが、ホスティング サービスがサーバ毎の月額固定制であることが多いのに対しIaaSでは従量課金が一般的なこと、ホスティング サービスに比べてサーバ スペックの自由度が高いこと、セルフサービス ポータルによって短時間でサーバを立ち上げられること、といった点が異なっています。


< Return to the glossary