F5 GLOSSARY

L7スイッチ

L7スイッチとは、ネットワーク上でやり取りされるデータを中継する機器である「スイッチ」の一種です。スイッチは、どのプロトコル レイヤで動作するかによって、複数の種類に別れます。L7スイッチは、HTTP等のアプリケーション レイヤであるレイヤ7までカバーしたスイッチです。「アプリケーション スイッチ」と呼ぶこともあります。

データ(パケット)を中継する際に、そのパケットがどのアプリケーションに関するものなのかを認識し、アプリケーション レベルの具体的な通信内容にもとづいてパケットの転送先を制御する、セキュリティ確保等の理由から必要に応じてパケットの内容を書き換える、といったことが可能です。これによってネットワーク トラフィックの分散処理(ロードバランシング)や、高度なセキュリティ機能を実現できます。

スイッチにはこの他にも、イーサネット等のデータリンク レイヤで動作する「L2スイッチ(レイヤ2スイッチ)」や、IP等のネットワーク レイヤで動作する「L3スイッチ(レイヤ3スイッチ)」、TCP等のトランスポート レイヤで動作する「L4スイッチ(レイヤ4スイッチ)」があります。単に「スイッチ」といった場合には、L2スイッチやL3スイッチを指すケースが一般的です。L4スイッチとL7スイッチは単に通信データ(パケット)を中継するだけではなく、アプリケーション配信に関する多様な機能を提供できることから「ADC(Application Delivery Controller)」と総称されます。

F5はADC機能を装備した「F5 BIG-IP」を提供しています。


< Return to the glossary