F5 GLOSSARY

Mobile Device Management (MDM)

MDMとは「Mobile Device Management」の略で、スマートフォン等のモバイル端末を管理するための手法や、そのために使用するシステムのことです。

モバイル端末は手軽に持ち運んで利用できるため、ユーザの利便性が向上し、「いつでもどこでも仕事ができるようにする」といったワークスタイルの変革にも役立ちます。しかしその分、出先で紛失することで端末内の情報が漏洩する、管理者の目の届かないところで不正に利用される、といったセキュリティ上の危険性も高まります。またユーザと共に移動しているため、ソフトウェア導入や設定変更等を、管理者が実機に触れながら行うことも困難です。

MDMはこれらの問題を解決するために登場しました。MDMを利用することで、一般に以下のことが、リモートから実行できるようになります。

  • 端末へのソフトウェア導入
  • 端末の設定変更
  • 端末機能の制限
  • 紛失時の端末ロック
  • 紛失時の端末内データの消去(ワイプ)
  • 端末位置の確認/移動履歴の表示

MDMによって端末紛失時の情報漏えいリスクを回避しやすくなり、不正使用も防止可能になります。またこれらの管理を集中的に行えるため、管理負荷も軽減します。なおMDMをさらに発展させたシステムとしてEMM(Enterprise Mobility Management)というものも存在します。


< Return to the glossary