F5 GLOSSARY

PC over IP (PCoIP)

PCoIPとは「PC over IP」の略で、リモート デスクトップ環境で画面転送を行うためのプロトコルの1つです。カナダのTeradiciが開発し、2009年11月にVMwareのVDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ基盤)製品である「VMware View」で採用されました。VMwaere Viewはその後「VMware Horizon」と製品名を変えていますが、PCoIPは引き続き採用されています。

PCoIPの最大の特徴は、仮想デスクトップのディスプレイ出力を圧縮し、IP化して転送できる点にあります。3次元グラフィックス等のレンダリングもサポートしており、テキスト/写真/動画といった出力パターンを認識して圧縮方法を自動的に選択します。そのため低帯域のネットワークでも、見やすい表示を行えるようになっています。

元々は3次元グラフィックスや医療分野で画像をリモート処理するために開発され、当初は専用ハードウェアとしてリリースされていました。しかし2008年にVMwareがTeradiciとソフトウェア版を共同開発、現在はこれが広く利用されています。

F5が提供する「F5 BIG-IP Access Policy Manager(APM)」は、PCoIPプロキシ機能を装備しており、リモート アクセスにおけるVMware Horizonの利用を安全に行えるようにします。


< Return to the glossary