F5 GLOSSARY

リモートアクセス

リモート アクセスとは、PCやスマートフォンなどの情報端末から離れた場所にある情報システムに、インターネット等の通信回線を経由して接続し、接続先のアプリケーションやデータを利用することを意味します。離れた場所からのシステム利用形態としては、ユーザの自宅やサテライト オフィスといった固定的な場所からのアクセスと、モバイル端末からのアクセスが考えられます。いずれも「リモート」からのアクセスですが、一般的にリモート アクセスといった場合には、モバイル端末等からインターネット経由でアクセスする形態を意味することが多いようです。最近ではモバイル化とクラウド化が進んだ結果、企業システムでもリモート アクセスに対するニーズが高くなっています。

インターネット経由でのリモート アクセスを安全に行うには、VPN(Virtual Private Network)の利用が必須となります。VPNとは、ユーザ認証や暗号化等の技術を活用することで、インターネットなどのように不特定多数のユーザが共用するネットワークを、まるで専用線のように利用できる技術です。

インターネット上でVPNを実現する手法としては、ユーザ認証や暗号化のメカニズムにIPsecを利用する「IPsec VPN」や、SSL(Secure Sockets Layer)を利用する「SSL VPN」が挙げられます。SSLはほとんどのWebブラウザがサポートしていることもあり、最近では手軽に利用できるSSL VPNを利用するケースが増えています。

F5ではSSL VPNをサポートする製品として「F5 BIG-IP Access Policy Manager(APM)」を提供しています。この製品はIPsec VPNもサポートしています。


< Return to the glossary