F5 GLOSSARY

仮想アプライアンス

仮想アプライアンスとは、特定のアプリケーション機能を装備したハードウェア(アプライアンス)をソフトウェアで実現し、仮想環境で動くようにしたものです。仮想アプライアンスは、仮想マシン内にOS、ミドルウェア、アプリケーションが実装され、仮想環境にデプロイ(展開)するだけで、必要なアプリケーション機能がすぐに利用可能になります。

従来はハードウェア アプライアンスとして提供されてきた各種ネットワーク機器が、仮想アプライアンスとしても提供されるケースが、最近では多くなってきました。その背景には、汎用サーバの処理能力が飛躍的に向上したこと、仮想化技術の利用が一般的になってきたこと、ネットワークの仮想化に対する要求が高まっていること、等が挙げられます。仮想アプライアンスは専用ハードウェアではなく汎用サーバの上で動くため、導入コストを抑制できます。また必要に応じて簡単に展開、拡張や縮小できるため、運用も容易になります。さらに「NFV(Network Function Virtualization)」によって、ソフトウェアでネットワーク構成を行う「SDN(Software Defined Network)」の実現も可能になります。

F5では、アプリケーション デリバリ コントローラ(ADC)の機能を実装した「F5 BIG-IP」を、仮想アプライアンス(バーチャル エディション:VE)としても提供しています。またこのVEを、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)でも利用可能にしています。


< Return to the glossary