F5 GLOSSARY

バーチャルホスト

バーチャル ホストとは、1台のサーバで複数のドメイン名のサイトを運用すること、あるいはそのための機能を意味します。バーチャル ホストを利用することで、サーバの数を増やすことなく、多数のドメインを運用できるようになります。バーチャル ホストの実現方法としては、IPベースと名前ベースの2種類があります。

IPベースのバーチャル ホストは、運営するドメイン名毎にIPアドレスを用意し、1台のサーバに複数のIPアドレスを割り当てるという手法です。ドメインの識別はIPアドレスで行われ、ネットワーク レイヤで実現できるため、多様なアプリケーションで利用できるという利点があります。しかしこのような形で多数のドメインを運営するには、グローバルIPアドレスも多数取得する必要があります。

これに対して名前ベースのバーチャル ホストは、1つのIPアドレスに複数のドメイン名を紐付ける手法です。アクセス先となるドメインの指定は、アプリケーション レイヤのプロトコル ヘッダに組み込みます。例えばHTTPの場合には「Hostヘッダ」でバーチャル ホストのドメイン名を指定します。HTTPSの場合には、SSL/TLSの拡張仕様である「SNI(Server Name Indication)」を使用します。


< Return to the glossary