トレーニング コース

NGINX Controller


「NGINX Controller」は、NGINX Controller 3.xソフトウェアのインストール方法や、DevOps担当者としてアプリケーションやAPIのNGINXインスタンスを管理する方法を学ぶ8時間のコースです。

「NGINX Controller」クラスでは、NGINX PlusインスタンスにControllerサーバーのバージョン3.xとControllerエージェント ソフトウェアをインストールします。Controllerソフトウェアを使用してアプリケーションとAPIを設定します。ユーザーの作成、収集したメトリクスに基づくアラートの設定、カスタム ダッシュボードでのメトリクスのタグ付け、フィルタリング、グラフ化を行います。さらに、アクセス ポリシーと暗号化を使用してアプリケーションを保護します。その後、Webアプリケーション ファイアウォール(WAF)でアプリケーションを保護するためにNGINX Controller ADCのApp Securityアドオンを設定します。NGINX Controller App Securityには、すぐに使える分析イベントとメトリクスが用意されていて、これらはNGINX Controller APIとWebインターフェイスを通じて報告されます。

「NGINX Controller」クラスでは、APIを使用した実践的な練習を行い、Controllerソフトウェアを使用するための基礎をしっかりと身に付けることができます。

目的

  • NGINX Controller v3.xをインストールする
  • NGINX ControllerエージェントをNGINX Plusにインストールする
  • NGINX ControllerとNGINX Plusのログ ファイルを探す
  • 追加のNGINXメトリクスを収集できるようにNGINXを設定する
  • システム メトリクスを監視する
  • 追加のNGINXメトリクスを監視する
  • 事前に設定されたダッシュボードを作成する
  • 個別のグラフや値を含むカスタム ダッシュボードを作成する
  • RBACを使用して新しいユーザーを作成する
  • しきい値に基づいてアラートを作成する
  • NGINXのロード バランシング手法の設定とテストを行う
  • Controller APIを使用してアプリケーションへのセキュアなアクセスを作成して設定する
  • APIを設定する
  • エンドポイントを作成する
  • バックエンドを設定する
  • APIベースのパスとリソースを追加する
  • API環境にポリシーを設定する
  • NGINX ControllerにNGINX App Protectインスタンスを追加する
  • Controllerアプリケーション セキュリティを設定する
  • コンポーネントでWAFを有効にする
  • セキュリティ イベント(WAF違反イベント)を表示する

 

提供方法
インストラクタ主導型

所要時間
8時間

費用
1,000ドル/20 F5トレーニング ユニット