Eブックを読む

APIセキュリティのベスト プラクティス:API保護の主な検討事項

身の危険を感じていますか?目に見えない脅威を克服する方法をご紹介します。

送信していただきありがとうございます。ご希望のコンテンツをご覧いただけるリンクが記載されたメールがF5から届きますので、受信トレイをご確認ください。

APIは、現代の経済の基盤となっており、アプリケーション チームが洗練されたユビキタスなデジタル エクスペリエンスで人々の心をつかみ、市場シェアを獲得するためのイノベーションを実現します。

しかし、APIは、脅威対象を大幅に拡大し、データ漏洩、顧客の信頼喪失、ブランドへのダメージにつながる侵害や不正使用の機会を増やします。

APIは、従来のWebアプリケーションと同様に攻撃の対象となる一方で、既存のセキュリティ管理では十分に保護できない場合があります。さらに、アプリケーションのライフサイクルが常に変化していること、サードパーティとの統合が多いこと、ビジネス ロジックの奥深くに隠されたAPI呼び出しが可視化されていないことが、リスクをさらに大きくしています。

このeBookでは次の内容をご紹介しています。

APIがどのようにして現代のデジタル経済の基盤となったか。

なぜAPIはデフォルトでより多くのリスクをもたらし、セキュリティ チームの計算方法が変更されてしまうのか。

常に変化するアプリケーションのライフサイクルの中で、APIエンドポイントを保護するためにセキュリティ チームとリスク チームが検討すべきことは何か。