レポート

金融サービスにおけるパブリック クラウドへの移行とイノベーション

リクエストいただきまして有難うございます。リクエストいただきましたコンテンツへのアクセスリンクを含むF5からのメールが受信箱に届いているかご確認をお願いいたします。

この1年半の間、金融機関はパブリック クラウドの利用に本腰を入れて取り組んできました。パンデミックをきっかけとして、各機関はその競争力を維持するためにビジネス、リスク管理、コンプライアンスなどの面でデジタル金融サービスへの取り組みを加速させた可能性があります。

強制的に取り組んだことで、クラウドベースのイニシアチブが前進したことは良いニュースです。しかし、金融機関がクラウド戦略を進める際には、「千里の道も一歩から」という教訓から学ぶことをお勧めします。必要のないコスト、運用の中断、顧客の不満、あるいはサイバー リスクの増大を招かないように、これらの変化のペースを調整するべきです。

既存の外部向けサービスを変革する際には、革新の必要性と迅速な移行に伴うリスクのバランスを取る必要があります。信頼性と安全性の高いサービス アーキテクチャを確保するための明確な戦略は、そのバランスを取る上で鍵となります。

理解を深めるには、Celentのサードパーティ レポートをお読みください:

金融サービスのテクノロジ モダナイゼーションにおいてパブリック クラウドが基礎となる理由。

COVID後の世界で金融サービス企業がどのようにクラウド導入を進めているか。

さまざまな金融サービス企業のパブリック クラウドへの移行に関する新たなユース ケース。