不正な信用取引申請の防止

「この犯罪により、銀行は何十億ドルもの損失を被り、存在さえしない人々を追いかけるために数え切れないほどの時間を費やしています。」- Accenture

攻撃者は盗んだ個人情報や捏造した個人情報を使って銀行を欺く

不正な信用取引申請とは、攻撃者が盗んだ個人識別情報(PII)を使って、クレジット カード、ローン、その他の種類の信用取引申請を行うことです。また、金融システムを悪用して合成ID(架空の人物)を作り出すこともあるため、金融機関が検出するのはさらに困難になります。

不正な信用取引申請のその他の用語:合成ID、個人情報の盗難、新規口座詐欺、クレジット カード発行詐欺

不正へと発展する前に悪質な信用取引申請を検出

Shapeの高度な不正行為検出機能は、攻撃者が自動化された方法と手動による方法のどちらを使用するかに関係なく、攻撃者がオンラインで身元を偽って信用取引を申請することを警告し、これを防ぐことができます。

Shapeが米国の大手5銀行の不正な信用取引申請を解決:

  • 不正な信用取引申請の平均コスト:1,000ドル
  • 既存の不正行為検出ツールの偽陰性率は1/60
  • Shapeは導入後1か月で300万ドル以上の不正行為を防止

20%


のForbes企業は、信用取引の損失全体の20%が合成ID詐欺によるものだと推定しています。

攻撃者は基盤となる銀行業務プロセスを悪用

静的PIIへの依存

攻撃者は通常、被害者の社会保障番号、住所、生年月日があれば、被害者名義のクレジット カードを申請することができます。このような種類の個人情報は、信用調査機関や税務申告書作成会社などの組織でのデータ漏洩により、ダークネット上で日常的に入手可能となっています。

クレジット ファイルの自動作成

合成IDを作成するには、攻撃者が2回、2つの異なる金融機関に申請する必要があります。1回目の申請は信用取引履歴がないために失敗しますが、記録チェック自体により信用調査機関に信用ファイルが作成されます。その後、攻撃者が別の発行者に2回目のクレジット カード申請を行うと、信用ファイルが存在するため、通常は成功します。

定期的な限度額の引き上げ

合成IDには信用取引履歴がないため、多くの場合、100ドルから500ドル程度の低い与信枠を付与されます。攻撃者は少額の購入を行って毎月返済し、信用取引履歴を確立して定期的な限度額の引き上げを行います。限度額が十分に高くなると、攻撃者は現金引出を行い、金融機関は数千ドルの損失を被ることになります。

攻撃者への資金となるローンを阻止

Thank you! 

A Shape expert will contact you as soon as possible.