ESGレポート

クラウド ネイティブ アプリケーションに関するレポート

送信していただきありがとうございます。ご希望のコンテンツをご覧いただけるリンクが記載されたメールがF5から届きますので、受信トレイをご確認ください。

クラウド ネイティブ アーキテクチャは、最新のアプリケーションをより早く市場に投入し、新規顧客により近いところで提供する場合に望ましい選択肢です。

このようなビジネス ニーズに応えるため、DevOpsチームの目の前には数多くの選択肢があり、身近なものから新しいものまで、直面する課題も増えています。セキュリティ、コンプライアンス、トレーニング、およびコスト管理は、クラウド ネイティブ アプリケーションと開発者が利用するプラットフォームを提供する上で重要な役割を担っています。今こそ、シンプルにするときです。

このレポートでは、クラウド ネイティブのアプリケーションとアーキテクチャを成功に導き、安全で高速なデジタル体験を提供することで顧客の信頼を維持するポイントについて掘り下げています。

ESGレポートの主な内容

最新のアーキテクチャには共通の課題がある

クラウド ネイティブ アプリケーションは、セキュリティやインフラストラクチャへの依存が依然として課題です。

クラウド ネイティブの成功は、俊敏性と自動化にかかっている

反復法とGitOpsが、次世代の最新アプリケーションを推進します。

最新のアプリケーション プラットフォームでクラウド ネイティブの提供を簡素化

クラウドへの移行では、開発者がすぐに使うことのできるインフラストラクチャを提供することが極めて重要です。