Eブック:

5Gエッジへの近道

ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

より多くのサービス プロバイダが5Gに向けて動き出し、サービス プロバイダとその顧客が信頼できるスケーラブルで安全なクラウドネイティブ インフラストラクチャを必要としています。スタンドアロンの5G Coreは、従来のハードウェア中心の一元的なアーキテクチャを排除し、ネットワークの構築と運用にクラウドネイティブの分散型インフラストラクチャを採用しています。このアプローチでは、サービスベースのコンテナ化アーキテクチャ上で動作するマイクロサービスを使用し、ネットワークのファー エッジまでを含むサービス デリバリが可能になります。これにより、顧客が求める、高速で信頼性の高いネットワーク パフォーマンスを実現します。

この5Gエッジに関するEブックから学べること:

  • コンテナベースのマイクロサービスをサービスベースのアーキテクチャ上で実行するクラウドネイティブ インフラストラクチャを使用して、ネットワーク基盤の実装を成功させる方法。
  • クラウドネイティブ展開を成功させるための具体的な要件。
  • 可視性を提供し、大容量とスケーラビリティをサポートするクラウド プラットフォームを、サービス プロバイダが選ぶべき理由。1

[1]『Cloud Native networking for a 5G era』レポート、ABI Research、(2020年3月)、13ページ、https://www.abiresearch.com/blogs/2020/04/06/cloud-native-networking-5g-era/

5g ebook

この5Gエッジに関するEブックから学べること:

  • コンテナベースのマイクロサービスをサービスベースのアーキテクチャ上で実行するクラウドネイティブ インフラストラクチャを使用して、ネットワーク基盤の実装を成功させる方法。
  • クラウドネイティブ展開を成功させるための具体的な要件。
  • 可視性を提供し、大容量とスケーラビリティをサポートするクラウド プラットフォームを、サービス プロバイダが選ぶべき理由。[1]

1『Cloud Native networking for a 5G era』レポート、ABI Research、(2020年3月)、13ページ、https://www.abiresearch.com/blogs/2020/04/06/cloud-native-networking-5g-era/