2021年版アプリケーション戦略レポート:中南米地域編



ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

中南米地域では、半数以上の企業がデジタル変革の後期に進んでいる

カスタマー エクスペリエンスを向上させるために、アプリケーションの最新化が急速に進められています。昨年は、COVID-19のパンデミックにより、データ駆動型の未来に向けたグローバルなデジタル変革が大きく加速されました。F5の最新のアプリケーション戦略調査結果から明らかなように、中南米地域の企業は、カスタマー エクスペリエンスを向上させるためにアプリケーションの最新化を急速に進めています。

その他、中南米地域の回答者から得られた主な調査結果は以下の通りです。

  • セキュリティへの懸念から、クラウドやSaaSの導入が拡大しており、マルチクラウドでの可用性が必須となっている。
  • 2021年末までに3分の2近くがAIでアプリケーションを保護することを計画している
  • 今後2~5年間の戦略上の最重要トレンドは、セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)である
  • ほとんどの人が必要なインサイトを見逃しており、アプリケーションのリアルタイムの適応性を向上させるには、より多くのテレメトリを確保することが鍵となる。
『2021年版アプリケーション戦略レポート:中南米地域編』をご希望の方は、フォームにご記入ください。

その他の『2021年版アプリケーション戦略レポート』をダウンロード

グローバル レポート

2021年版アプリケーション戦略レポート

レポートを見る ›

フォーカス レポート

2021年版金融サービス向けレポート

レポートを見る ›

フォーカス レポート

2021年版通信事業者向けレポート

レポートを見る ›