ESGレポート

分散型クラウドにおけるアプリケーションのモダナイゼーション傾向

Thank you for your submission. Check your inbox for an email from F5 that will include a link to access the content you requested.

結果が出ました。まだデジタル トランスフォーメーションのロードマップを計画しているのであれば、すでにキャッチアップしていることになります。

多くの成功した企業で進められている取り組みを貴社でも始めましょう。マルチクラウドの採用戦略と、それを意味のあるものにする既存のプライベートおよびコロケーション インフラストラクチャを活用するのです。これにより、企業は革新的なソリューションをより迅速に顧客に提供し、IT部門は過剰な投資をすることなく最新技術を手に入れることができます。

このレポートでは、ESGのアナリストがアプリケーション インフラストラクチャのモダナイゼーション傾向を調査した結果、どのようなことがわかったかをご紹介します。

 

このESGレポートでは、次のような事柄を取り上げています。

コンテナの採用でマルチクラウドの普及が進む

コンテナのポータビリティにより、DevOpsは複数のクラウド プロバイダ間でサービスを採用できます。

アプリケーションのモダナイゼーションがIT戦略の主流になる

新規では最新のアプリケーションを作るのが当たり前ですが、既存のアプリケーションには特別な配慮が必要かもしれません。

データ センタは生き続ける

アプリケーションのモダナイゼーションにおいて、データ センタは大きく異なる戦略をとることになります。