F5 ブログ

State of Application Strategy 2022: Asia Pacific Prioritizes Edge Deployments, Security Workloads

The need for multi-cloud and edge deployments stems from the growing digital landscape and accelerating business requirements.

The Sky-High Costs of Not Securing Digital Healthcare User Experiences

Enterprises can help mitigate risk by adopting zero trust architectures and stopping credential stuffing attacks using F5 Distributed Cloud Bot Defense and Account Protection.

What Hollywood taught me about Zero Trust

If the intergalactic spacecrafts from our favorite sci-fi shows were to incorporate the core beliefs of Zero Trust when securing their critical systems, they would have successfully prevented a substantial amount of systems attacks and malfunctions.

State of Application Strategy 2022: Multi-Cloud Complexity Continues

Complexity is synonymous with operating in multiple clouds. Magnified by the use of APIs and the increasing skills and tools deficit, this complexity isn't going away, but it can be managed.

Modernizing IT: An Enterprise Architecture for Digital Business

The enterprise architecture frameworks used by business, established nearly half a century ago, are not sufficient to support today's digital transformation. To successfully become a digital business, business and IT need to modernize their enterprise architecture.

恩返しへの熱い思い

人を助けることは、私たちの心を愛と希望で満たしてくれます。それによって、私たち自身と貢献を通じて私たちが出会う人々の両方がより意味のある存在となります。ボランティアは、人間であることの最も美しい側面の一つと言えます。

2022年版アプリケーション戦略状況:パフォーマンスに関するトレンド

パフォーマンスは、企業がセキュリティと引き換えにその向上を求めるほど、絶対的な存在となっています。さらに、パフォーマンスは、マルチクラウド戦略のメリットを実現する上で大きな障害となり、業務をエッジに拡張することを企業に促す原因ともなっています。

F5 DCSによる不正アクセス対策とは?

2022年2月に発表されたF5 DCS(Distributed Cloud Services)を利用することで、どのようなセキュリティ対策を取ることができるか、いくつかのユースケースのご紹介をしてきます。

ボット管理戦略で見落としがちな3つの重要な点

Frank Kyei-Manuが、Forrester社の最近のレポートに関する背景状況と、ボット軽減戦略を評価する際に各企業が考慮すべきトピックについて説明します。

2022年版アプリケーション戦略状況:今こそ運用のモダナイズに着手しましょう

デジタル トランスフォーメーションの勢いを持続させるために、組織はビジネス部門に改めて焦点を当てる必要があることが明らかになってきました。カスタマ エクスペリエンスが依然として優先される一方で、法務、人事、財務などのビジネス部門をデジタル化することが必要なのです。つまり、デジタル トランスフォーメーションがアプリケーションのモダナイズから運用のモダナイズへと移行する中で、主導権はCIOに移りつつあります。

2022年版アプリケーション戦略状況:ビジネスの将来は適応性にかかっている

企業が将来に向けてアプリケーションのモダナイゼーション、セキュリティ、デリバリをどのように適応させているかに関する主要トレンドをF5の2022年版アプリケーション戦略状況レポートで知ることができます。

NGINX のLDAP拡張機能におけるセキュリティ上の脆弱性への対応

2022年4月9日、NGINXのLDAP拡張機能におけるセキュリティの脆弱性が公開されました。拡張機能のみが影響を受けると判断しております。NGINX オープンソースやNGINX Plus自身は影響を受けません。詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

Understanding and Addressing Spring4Shell and Related Vulnerabilities (CVE-2022-22965, CVE-2022-22950, CVE-2022-22963)

Just when we all thought it was safe to dive back into application development after the pain and churn caused by the Log4j vulnerability and the Log4Shell attacks, here comes yet another beast of a vulnerability to take a chunk out of security and devour valuable resources.

Kubernetesでモダンなセキュアコーディングを実現する方法

このブログでは、2回の連載で、Kubernetes上で実現するモダンなアプリケーションのセキュリティについてお伝えいたします。 本記事ではイラストを使いKubernetes上でアプリケーションを動作させるステップを説明し、セキュアなアプリケーションを実現するチームの連携についてご紹介します。

Dirty Pipeとアプリケーション インフラストラクチャ保護の重要性

Linuxカーネルで発生する脆弱性「Dirty Pipe」では、任意の読み取り専用ファイルのデータを上書きできるようになるため、ルート プロセスへのコード挿入による権限昇格につながる可能性があります。つまり、Dirty Pipeはインフラストラクチャ レベルに集中していますが、環境全体を包括的に把握することで、このような脆弱性が発生しても適切に管理することができます。

サプライ チェーンの課題におけるBIG-IPフリートの移行

この半年間に自動車、洗濯機、ノートパソコンなどを買おうとした人は、世界的な半導体不足により、消費者向け製品のリード タイムが軒並み長くなっていることをご存知でしょう。そして、ITの世界も(F5を含めて)残念ながら例外ではありません。ただし、F5には、F5 Journeys Migration Utilityのような革新的なツールがあり、ビジネスに影響を与えるサプライ チェーンの課題にお客様が迅速に対応できるよう支援します。

Kubernetesで実現するモダンなセキュアコーディング

Kubernetesを本番環境で採用するために必要なことは、Kubernetesやその他のクラウドネイティブテクノロジを知ること、そしてそれらを「安全」に利用することです。このブログでは、2回の連載で、Kubernetes上で実現するモダンなアプリケーションのセキュリティについてお伝えいたします。

セキュリティ、シンプル化、イノベーション:適応型アプリケーションへの道筋を描く

デジタル技術の加速は、組織が直面するさまざまな機会や課題に影響を与えます。ビジネス リーダーは、カスタマ エクスペリエンスの向上、ビジネスの変革、アプリケーション ポートフォリオによる差別化を目指しています。同時に、ITオペレータは、増大し続けるセキュリティの脅威、レガシー アプリケーションとインフラストラクチャ、圧倒的な複雑さに取り組んでいます。

F5、NVIDIA GTCで高度な脅威調査について発表

デジタル社会が攻撃者にほぼ無限のターゲットを提供する中、従来のサイバーセキュリティの手法やツールは遅れをとっています。セキュリティ企業は、脅威をリアルタイムに検知して大規模に緩和するために、AI/MLを採用した新しいハードウェアとテクノロジを十分に活用する必要があります。

ウクライナの人々を支援するために毅然とした態度で臨む

私たちは、国際社会の多くと同様、ウクライナに対する戦争の激化を、衝撃と悲しみ、そして怒りが入り混じる思いで見つめています。祖国への侵攻、愛する人との別れ、愛する土地からの退去に直面している人々に心を寄せています。世界各国政府がこの侵略行為への対応を決定する一方で、私たちビジネス関係者は、単なる商業的な関心事としてではなく、道徳的義務としてウクライナにおける戦争に対応しなければなりません。