F5 ブログ

オペレーションを進化させる必要性

Digital-as-Defaultの世界でも、オペレーションは依然として手作業に頼り過ぎており、適応型アプリケーションを実現するには、オペレーションを進化させる必要があります。この進化には、IT全体にまたがる大幅な変化が必要です。可用性を維持し、パフォーマンスを最適化して、セキュリティを確保するAI対応の適応性が必要です。

Log4jの脆弱性を緩和し、将来の悪用を阻止する方法

今月は、IT業界の多くの人々にとって厳しい月でした。12月10日、Javaアプリケーションで広く一般的に使用されているApache Software FoundationのLog4jと呼ばれるロギング ライブラリに重大なゼロデイ脆弱性が発見されたと発表されました。

マルチクラウドにレガシー思考は持ち込まない

クラウドへの導入は、一度限りのリフトアンドシフトではなく、アプリケーションの導入ライフサイクルにおける1つの選択肢となっており、アプリケーションは「クラウドネイティブ」になることでリソースをより有効に活用できるように進化しています。複数のクラウドやマルチクラウドを採用する企業が増えている中、アプリケーションや運用の領域で他にどのような点を変える必要があるのかを考えることが重要です。

F5 年頭所感

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:権田裕一、以下「F5」)は本日、2022年の年頭にあたり、代表執行役員社長 権田裕一より以下に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

Apache Log4j2の脆弱性に対する防御(CVE-2021-44228)

世界中のセキュリティチームでは、12月9日に公表されたApache Log4j2セキュリティの脆弱性 (CVE-2021-44228)によってもたらされる脅威を理解し、そのリスクの度合いを特定し、緩和策を講じるために、24時間体制で取り組んでいます。Apache Log4j2の脆弱性に対する防御についてF5エンジニアが解説いたします。

Bandwidth for Business: The New Middle Mile

What do you do when SD-WAN over the Internet isn’t enough? Move that automation to a physical network and connect it everywhere.

Advanced Threat Research:ロシアを起源とするCollector-stealerマルウェアを解析する

Collector-stealerは、世界中で使用されている活発なマルウェアです。さまざまなメカニズムを利用してユーザーのシステムに侵入し、機密データをひそかに盗み出します。F5のセキュリティ専門チームが最新の脅威調査でその秘密を解明し、仕組みを明らかにしました。

The Top 10 Top 10 Predictions for 2022

As December comes to a close, tech pundits dust off their crystal balls and share their predictions for the coming year. For Peter Silva's annual list, he's compiled a collection of what the industry is saying (and anticipating) for 2022.

Protection against the Apache Log4j2 Vulnerability (CVE-2021-44228)

Vulnerabilities, exploitations, mitigation, and remediation are always disruptive, and it’s F5’s mission to do what we can to provide expertise and support for customers. Teams across F5 have been actively working on tools and guidance to help already overburdened application and security teams mitigate this significant industry threat.

ボットはビジネスに潜み、ビジネスは正常

デジタル社会における企業の進化に伴い、企業に対する脅威も巧妙化しています。デジタル プレゼンスを運用するビジネスに固有の脆弱性を標的とする攻撃の有用性が増しているため、ボットを利用することで攻撃はCVEの悪用に留まらなくなっています。このようなボットを特定し、阻止するためには、AIと機械学習を活用したセキュリティが必要です。

マルチクラウドにおけるIPの重複を解決する

最新の分散型アプリケーションの普及に伴い、ハイブリッド クラウド、クラウド間、エッジからクラウドといったアプリケーション間接続も一般的になってきています。スケーラブルなアーキテクチャに必要となるのが、IPの重複をきれいに自動化できる対処法です。

クラウドへの取り組みにおけるスピードと将来性

企業はパブリック クラウド環境の魅力として、拡張性、コスト削減を可能にする多様な利用方法、俊敏性の向上など、多くの理由を挙げています。しかし、既存のアプリケーションを移行する場合でも、パブリック クラウドでホストされる新しいアプリケーションのために拡張した運用を構築する場合でも、またはその両方でも、採用するアーキテクチャのアプローチによって、ビジネス ケースの成否が決まると言っても過言ではありません。

公共部門のためのマルチクラウドとの橋渡し

公共部門におけるマルチクラウド戦略の採用が進んでいるにもかかわらず、実施している機関が直面する多くの課題に対応する効果的なソリューションはまだ十分ではありません。そのような課題の1つが、複数のプロバイダにわたってホストされているワークロードの安全な相互接続であり、分散型クラウドへのF5のアプローチがこの問題に対処しようとしています。

2021年世界エイズデーに向けたF5の動き

F5は今年の世界エイズデーを迎えるにあたり、スタッフ、お客様、地域社会、パートナーの皆様に対し、HIVとともに生きる人々への偏見をなくすための取り組みに参加することをお約束したいと思います。

ギビング・チューズデイを支える偉大な社員たち

F5では、「ギビング・チューズデー」を1週間にわたってお祝いしました。これは、当社の最も重要なギビング キャンペーンの1つとなっており、世界中の何百もの非営利団体にプラスの結果をもたらしています。

5Gの未来

5Gとそのオーストラリアでの展開についてはほとんどの方が耳にしたことがあるでしょう。しかし、速度、低遅延、規模といった面において、オーストラリア全土での5Gの展開で必要とされたインフラ、セキュリティ、事業者の種類を明確に理解している人はほとんどいません。

マルチクラウド クラスターを使用してアプリの導入時間を月に数百時間短縮する方法

今日のソフトウェア導入環境では、マイクロサービスが標準となっています。アプリケーションをさまざまなサービスに分けてしまうと、組織が導入するアプリケーションの数が増えてしまいます。通常、その数は何百倍、何千倍にもなります。100個のアプリケーションであれば、何千ものマイクロサービスになってしまうことも少なくありません。

最新の環境のための最新のセキュリティ

かつてのエンタープライズ アーキテクチャは物理的で単一的なものであり、便宜上一か所に配置されていたため、簡単に管理してセキュリティを確保することができました。

SNMP監視やログ分析機能を提供するLogStareがF5のWAF製品に正式対応。そのメリットと背景、今後の展望にせまるオンライン対談をお届けします!

SNMP監視やログ分析機能を提供するLogStareがF5のWAF製品に正式対応。そのメリットと背景、今後の展望にせまるオンライン対談をお届けします!

攻撃者にとって1年で最高の時期

お客様のホリデー ショッピング体験を守り、ビジネスクリティカルなアプリケーションを正常に稼働させるには、年末商戦時期の小売業者やEコマース企業を悩ませる一般的な攻撃からアプリケーションを保護しなければなりません。ここでは、企業が年末のサイバー攻撃の嵐を乗り切るための戦略をご紹介します。