ソリューション

偽アカウント作成詐欺の防止

偽アカウントによって不正行為による直接的な損失が発生

偽のアカウントは最近、ソーシャルメディアでの談話に悪意を持って影響を与えたという見出しを作りました。ただし、悪意のある人物は、偽のアカウント(別名、合成アカウント、ボットアカウント、アカウント登録詐欺)を使用して、小売サイトでの報酬の乱用、オンラインバンキングによるマネーロンダリング、さらには資格情報の詰め込みの偽装など、金銭的な動機による攻撃を行います。

F5 は攻撃者による偽アカウントの作成を防止

F5 Distributed Cloud Bot Defenseは、オンライン アカウント登録アプリケーションの前線に設置され、攻撃者が自動化されたツールや巧妙化した手動のテクニックを使って大規模に偽アカウントを作成しようとした場合、リアルタイムで検出することができます。

偽アカウントの主な課題:

  • ユーザーの信頼の喪失
  • 不正行為による損失
  • データ品質の低下

3 秒

1人の攻撃者が、1週間にわたり、3秒ごとに小売業者のサイトに不正なアカウントを作成しています。

攻撃者による偽アカウントを利用した不正行為の手口

1. 攻撃スクリプトの作成

攻撃者が20~30個以上のアカウントを作ろうとする場合、一般的に自動化を利用して登録アプリケーションの各フィールドにすばやくデータを入力したいと考えるでしょう。

このような攻撃スクリプトには、CAPTCHAソルバーや使い捨てメール アドレス サービスなど、適切なサービスへのAPI呼び出しが含まれている場合があります。

2. アカウントの作成

攻撃者はこのようなスクリプトを実行し、短時間で数百、数千のアカウントを作成します。偽アカウントの目的に応じて、アカウント作成の成功と失敗が記録されます。

3. 収益化

収益化の方法は、標的となるサイトの種類によって異なります。例えば、犯罪者は小売サイトで偽アカウントを使い、ギフト カードを売買することでマネー ロンダリングを行うため、当局が追跡することは困難になります。

偽アカウントに対する真の解決策

フォームに必要事項を記入し、Distributed Cloud Bot Defenseを今すぐご利用ください。

Thank you! 

A Shape expert will contact you as soon as possible.