Futuriomレポート

クラウド ネットワークの第3の波:マルチクラウド ネットワーキング市場の成長要因

リクエストいただきまして有難うございます。リクエストいただきましたコンテンツへのアクセスリンクを含むF5からのメールが受信箱に届いているかご確認をお願いいたします。

この20年間で、クラウド ネットワーキングは、データ センタの仮想化とSoftware-Defined Wide Area Networking(SD-WAN)という主に2つの大きな要因の結果として進化してきました。そして今、ITリーダーとOpsチームは、3つ目の大きな要因であるマルチクラウド ネットワーキングに備えています。

本レポートでは、企業がより多くのワークロードをより多くのクラウド プロバイダに移行するために直面している課題について説明しています。本レポートでは、新しいクラスのマルチクラウド ネットワーキング プラットフォーム ベンダーが、ハイパー コネクテッド クラウド戦略の新たな課題をどのように解決しているかを明らかにします。

レポートの要点:

マルチクラウド ネットワーキングの需要が新たに生まれている

企業はマルチクラウド戦略への投資とその実装を始めたばかりです。

マルチクラウド ソリューションを求めるビジネス上の要因は広範囲に及んでいる

機能の向上により、新しいワークロードがマルチクラウド ソリューションに移行しています。

マルチクラウド コンプライアンスへの投資が行われている

共通の可視性とセキュリティにより、規制要件に対するより優れたインサイトが得られます。