アナリスト レポート

5Gセキュリティの脅威:サービス プロバイダの課題

送信していただきありがとうございます。 資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

セキュリティは5Gネットワーク全体を支えています。サービス プロバイダは、クラウドネイティブの5G Coreによって導入される幅広い新機能に対応する5Gセキュリティ戦略を策定し、実行しなければなりません。新たな5Gの導入は、カスタマ エクスペリエンスやサービスの革新にプラスの影響を与える一方で、攻撃対象が拡大し、セキュリティへの新たなアプローチが求められます。本レポートでは、5Gセキュリティの課題と優先事項を明らかにし、以下の主要な知見をご紹介します。

  • コントロール プレーン セキュリティ機能の管理では、既存の4Gプラットフォームからの進化と、新しい 5GC定義のセキュリティ プラットフォームの導入という2つのアプローチが採用されている
  • レイヤー2~4を保護するファイアウォールはマイクロサービス実装の最優先事項である
  • APIがエッジに配置されることで、さまざまなタイプのDDoS攻撃による脅威が拡大する。

Heavy Readingレポート「5G Security: The Multifaceted Art of Cloud-Native Threat Mitigation(5Gセキュリティ:重層的かつクラウドネイティブな脅威緩和対策)」をダウンロードして、これらの知見の詳細をご覧ください。

サービス プロバイダの5Gセキュリティの優先事項についての詳細をご覧ください

セキュア アクセス サービス エッジ

調査回答者の43%が、5Gセキュリティ戦略に不可欠な要素としてSASEを挙げています。

CSPは段階的な5Gコントロール プレーンのセキュリティ展開を計画

32~41%のCSPが、商業運用開始後12か月以内にNRF、SEPP、NEFの展開を予定しています。

サービス プロバイダはスライス セキュリティを優先しています。

多くのサービス プロバイダが、スライス管理(31%)とネットワーク スライシング セキュリティ(27%)をすでに導入していると報告しています。