ホワイト ペーパー

優れた5Gセキュリティの構築:5G Coreネットワークを保護するためのITベスト プラクティスを活用し、適応させる方法

Mobile Network Operator(MNO:移動体通信事業者)がスタンドアロン5G Coreネットワークを実装する際には、HTTP/2、API、マイクロサービスなどのITの概念やプロトコルを使用して構築されたサービスベースのアーキテクチャが必要になります。これらの5Gネットワークでは、応答性の高い接続をサポートするために、データ センターをネットワークのエッジに配置することになります。

この新しいアーキテクチャによりMNOが獲得する柔軟性と拡張性は、これまでと比べてはるかに高いものになります。これによりビジネス チャンスが生まれ、MNOはより多くのユース ケースやアプリケーションに対応できる汎用性を持つようになります。しかしそこには負の側面もあり、5Gによって脅威の情勢と攻撃対象は拡大し、通信事業者はコアからエッジまでネットワークを防御しなければなりません。

このホワイト ペーパーでは、次の内容を説明します。

  • 5G Coreネットワークを構成する、データ プレーン、コントロール プレーン、管理プレーン、アプリケーション プレーンの4つのプレーンのそれぞれのセキュリティに関する主な考慮事項の概要。
  • 5G Coreネットワークのサービスベース アーキテクチャが、大容量、マルチソースのトラフィックと、広範な領域が外部にさらされることに伴う課題に確実に備えるためのヒント。
  • ITと通信のベスト プラクティスを組み合わせて5Gネットワークの4つのプレーンを保護するための、ITと通信に関するF5の豊富な専門知識から導き出された技術。

下のフォームに必要事項を入力して、ホワイト ペーパーをお受け取りください。

ホワイト ペーパーをダウンロードし、F5の製品やサービスについてのお知らせを受け取るには、フォームに必要事項を入力してください。ご提供いただいた情報は、F5のプライバシーに関する通知に従って取り扱われます。いつでもオプトアウトすることができます。オプトインしないでダウンロードする場合は、当社までご連絡ください

ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください