2021年の5Gの現状

5G導入戦略で4Gへの投資を守る

ご登録いただきまして誠にありがとうございます。レポートのダウンロード手順につきましては、まもなくメールでお届け致します。ダウンロードに問題がございます場合は、thef5team@f5.com までご連絡お願い致します。

サービス プロバイダは、顧客のニーズに応じてサービス エリアを増強するために、4Gに多額の投資を行ってきました。しかし、現在、市場はほぼ飽和状態になっています。2021年には、LTEサブスクリプション件数は世界全体で48億件に達し、その後減少に転じると予想されています1。非スタンドアロン5Gが、ほとんどの通信事業者の新標準として登場するでしょう。このeBookでは、サービス プロバイダが4Gから5Gへの移行を計画するうえでの主要な5G導入戦略をご紹介します。

IDGアナリスト レポート「The State of 5G in 2021, European Edition(2021年の5Gの現状(欧州編))」のダウンロード

内容:

  • 最適な展開戦略とタイムライン
  • 移行時に4Gサービスを保護するには
  • 垂直スタック、水平スタック、エッジ戦略などを含む、ベンダー戦略とプラットフォーム戦略
  • 最大の課題をどうやって乗り越えるか