リスクを減らし導入を加速

アプリケーションおよびサービスを手動で導入することは時間がかかり、間違いも起きやすいものです。iWorkflowは、アプリケーション デリバリ ポリシーの導入のためのプラットフォームとして機能する仮想アプライアンスです。管理者が細かく設定できるL4-L7サービス テンプレート(iApps)を使用することで、数日かかる導入を数分で完了できます。

iWorkflow

遅れは利益損失に直結

インフラストラクチャの変更やソフトウェア リリースの遅れに対応するにはコストがかかります。iWorkflowを利用することで、アプリケーション導入におけるサービスのオーケストレーションおよびタスクの自動化の時間(およびコスト)を軽減できます。

iWorkflow

よりシンプル、安全、スマートに

デバイスを設定するたびに、間違いをする可能性は高くなります。導入プロセスを合理化することで、価値ある時間を節約できるだけでなく、組織の運用リスクを軽減することもできます。

iWorkflowは、サードパーティの管理およびオーケストレーション システムと統合することで、組織の俊敏性を向上します。

連携の効率化

iControl REST APIおよびSoftware Development Kit(SDK)は、サードパーティの管理およびオーケストレーション システムとの統合をiWorkflowの核となる能力と活用します。Cisco APIC、VMware NSXおよびBIG-IPなどの複数のプラットフォームと連携することで、iWorkflowは、デバイスではなく、ポリシーに基づいて、組織をより俊敏にします。

特集

制御

セルフサービス テナント インターフェイスを介してサードパーティ ポータルに直接アクセスおよび統合します。

スマート テンプレート

オプションのカタログを使用して、より迅速かつ簡単にアプリケーション ポリシーを表示および導入します。

統合

iControl REST APIを介してインフラストラクチャ管理およびオーケストレーション システムと統合します。

柔軟性

企業のライセンスをプールして、アクセスおよび俊敏性を向上します。

可視化

オンプレミスでもクラウドでも、アプリケーションの状況を追跡します。

信頼性

継続的な導入パイプラインを拡大し拡張性およびセキュリティ サービスを含めます。

リソースとサポート

製品概要を読む

iWorkflow 101シリーズを確認する

F5販売担当部へのお問い合わせ