レポート

Gartnerの『オンライン詐欺検出対策に関するマーケット ガイド』

ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

-

オンライン詐欺はビジネスへの影響が広範囲に及ぶため、損失を最小限に抑え、顧客の信頼を確保するための効果的なエンドツーエンドの管理戦略が必要になります。

ボット検出、機械学習モデル、デバイスIDとテレメトリを活用した行動分析などの総合的なツールセットは、セキュリティとリスク管理のリーダーが詐欺行為を検出し、アカウントの乗っ取りを防ぎ、顧客取引を保護しながら、誤検出を最小限に抑え、カスタマ エクスペリエンスを維持するのに役立ちます。

Gartnerの『Market Guide for Online Fraud Detection(オンライン詐欺検出対策に関するマーケット ガイド)』Akif Khan、Jonathan Care、2020年5月13日。

Gartnerは、その調査出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジ ユーザーに助言するものでもありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。Gartnerは、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関して、明示的か黙示的かを問わず、すべての保証を否認します。

GARTNERは、米国および各国におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標およびサービス マークであり、許可を得てここに使用されています。無断複写・転載を禁じます。

このレポートでは、以下を学ぶことができます。

合成ID詐欺対策やロイヤルティ アカウントの保護を含むオンライン詐欺検出対策が、銀行、デジタル コマース、保険、医療などの幅広いユース ケースに導入されている状況

SRMのリーダーがベンダーを評価し、違いを見極める際に、目標とするビジネス成果と、より広範な顧客とのやり取りの完全性の保護を重視する理由

エンドツーエンドの詐欺対策戦略における、複数のベンダーのソリューションのオーケストレーションの重要性