レポートを見る

2021 Gartner®の『オンライン詐欺検出対策に関するマーケット ガイド』

下のフォームに必要事項をご入力いただくと、レポートをお受け取りいただけます。

ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

-

ビジネスおよび顧客をオンライン詐欺から保護するには?

オンライン詐欺はビジネスへの影響が広範囲に及ぶため、アカウント乗っ取り(ATO)の防止、新規アカウント詐欺の抑止、疑わしい支払取引の停止など、効果的なエンドツーエンドの戦略が必要になります。

ボット検出、機械学習モデル、デバイスIDとテレメトリを活用した行動分析などの総合的なツールセットは、セキュリティとリスク管理のリーダーが不正行為を検出し、ポリシーの悪用を防止しながら、誤検出を最小限に抑え、カスタマ エクスペリエンスを維持し、プロモーション、販売、およびロイヤルティのプログラムを確実に成功に導く上で役立ちます。

2021 Gartner®の『オンライン詐欺検出対策に関するマーケット ガイド』1では、次の内容をご紹介しています。

  • プロモーション、販売、およびロイヤルティのプログラムのポリシーの悪用を含むオンライン詐欺検出対策が、幅広いユース ケースに導入されている状況。
  • セキュリティとリスク管理のリーダーがベンダーを評価する際に、ROI、誤検出率、カスタマ エクスペリエンスを重視する必要がある理由。
  • ポイント ソリューションから脱却し、収益に影響を与える課題に取り組み、オーケストレーションによって価値を高めることの重要性。

次のステップ

オンライン詐欺を検出し、防止する方法についてご紹介します

レポートを見る

f5 inc

1 2021 Gartner®の『オンライン詐欺検出対策に関するマーケットガイド』、Akif Khan、Jonathan Care、2021年7月12日。

Gartnerは、その調査出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジ ユーザーに助言するものでもありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。Gartnerは、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関して、明示的か黙示的かを問わず、すべての保証を否認します。

GARTNERは、米国および各国におけるGartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標およびサービス マークであり、許可を得てここに使用されています。無断複写・転載を禁じます。