オープン バンキングによって、人々のお金の使い方が世界中で大きく変化しています。とりわけ、African Bankの事例にそうした変化が見られました。同銀行は当時、マイクロサービスを利用して顧客にオムニチャネル バンキング エクスペリエンスを提供する取り組みに着手していました。


安全なオープンAPIによるビジネスの拡大

銀行業界でイノベーションが進む主な要因はオープン バンキングです。これにより、便利なツール、合理化した融資、自動化した会計、新しい支払い方法といった従来のサービスが向上し、より良いユーザー エクスペリエンスが提供されます。

オープンAPIを使用すれば、サードパーティの開発者は、財務の透明性を明確に示すオプションを持つアプリケーションやWebサイトの基盤技術を構築できます。オープン データからプライベート データに至るまで、金融機関の口座保有者にその透明性を示すことができます。

F5のソリューションとNGINXによって、インフラストラクチャ、オペレーション、DevOpsの各チームが、APIの定義、公開、セキュリティ保護、監視、分析を行えるようになります。また、開発者がオープン バンキング プラットフォームのAPI設計を管理できます。その詳細をご確認ください。

NGINX API管理ゲートウェイについて詳しく

 


拡大するオープンAPIのセキュリティを確保

オープンAPIは利用の拡大が見込まれる技術であり、今や、顧客データのセキュリティがアプリケーションのセキュリティと同じくらい重要になっています。

デジタル プラットフォームを確立する迅速かつスマートなアプローチを模索している組織にとって、APIの使用は不可欠です。DevOpsのような短期間でのアプリケーション開発と展開プロセスでAPIを利用すると、組織はより大きなリスクにさらされることになります。そのため、暗号化、アイデンティティ、コンテンツ検証、インフラストラクチャ セキュリティからなる総合的なセキュリティ アプローチが必要です。

アクセス

APIモデルを採用することで、フィンテック企業のようなサードパーティが金融機関の資産にアクセスできるようになります。

セキュリティ

包括的でスムーズなセキュリティによって、各リクエストの秘匿性を維持する必要があります。また、認証と承認だけでなく、アクセスとデータのセキュリティも確保しなければなりません。

モバイル

無数のスマート デバイスからのデジタル アクセスやモバイル アクセスが急増する一方で、アプリケーションやサービスが急速にリリースされています。

LEARN MORE

API管理とは?

APIを迅速に導入して継続的に成果を上げるには、API管理が不可欠です。APIの主要なコンセプトを知り、API管理とAPIゲートウェイとの関係を確認していきましょう。

F5 BIG-IP WAFによってAWS API Gatewayを保護

API Gatewayを保護する基本的なWAFポリシーの導入方法を理解したうえで、その他のセキュリティ サービスを使用した拡張を行えます。

AWS WAFの新しいマネージド ルールでAWSのAPIセキュリティを強化

APIを保護する、F5のマネージド ルールを追加すれば、セキュリティの専門知識を備えたり、高度なWAFソリューションを採用したりしなくても、APIセキュリティに対する姿勢を迅速かつ簡単に強化できます。