アダプティブ ビットレート ストリーミング(ABR)ビデオ トラフィック管理

きめ細やかなポリシー制御と機械学習によって強化されたシグネチャ検知とにより、ABRビデオ トラフィックを管理します。

ビデオ トラフィック管理が重要な理由

ビデオ トラフィックは、2025年にはネットワーク トラフィック全体の76%を占めるようになると言われています。ビデオ トラフィックをインテリジェントに管理することで、ネットワークのCapExとOpExを最小限に抑え、新しいサービスを特定し、ユーザー1人当たりの平均売上(ARPU)を増加させることができます。ABRビデオ ストリーミングでは、クライアント デバイスは、現在のネットワーク条件とデバイスの性能に基づいて、適切なビット レートを選択します。

オンデマンドのWebセミナーを見る ›

ビデオ トラフィックのWebセミナー

F5によるサポート

ABRビデオの検出および制御により、最大71%の帯域幅を節約できます。

F5にはABRビデオを管理するためのツールがあり、例えば、管理されていない4Kオンデマンド ビデオ(40Mbpsのストリーム)を1080p HD(7Mbpsのストリーム)にレート制限することが簡単にできます。

F5ソリューションを調べる

接続した点の付いた虫眼鏡の図

シグネチャ検知と分類

4,000以上のアプリケーション シグネチャを識別できるトラフィック分類エンジンにより、さまざまなアプリケーションを検知して分類します。専用の機械学習アルゴリズムを用いて、ビデオ ストリームの解像度やソース、その他多くの条件を正確に識別します。

 

低速の速度計の図

QoEを維持しながらビデオの帯域幅を削減

携帯電話のユーザーは1080pのHD解像度(5Mbpsのストリーム)を必要としないため、例えば携帯電話のトラフィックは最大でも720p HDになるようにレート ペースを設定します。OTT HDビデオのフローをレート ペース化し、作成したポリシーに基づいて帯域幅を削減します。  

ユーザーと、歯車と矢印の図

加入者分析をシンプル化

IPアドレス、ユーザー名などの加入者情報に基づいてポリシーを作成し、それらをアプリケーション フローに関連付けて、加入者ごと、アプリケーションごと、またはその他の条件ごとにきめ細かくポリシーを適用します。 

ユーザーと、ドル記号と矢印の図

サービスを差別化して新たな収益ストリームにする

加入者のプロファイルに基づいてサービスを調整し、時間、解像度、ピーク時の使用量、またはその他のオプションに基づいてサービスを収益化します。例えば、ビデオ ストリームのレートを制限してピーク時の混雑状況を管理したり、ビデオを大量に使用するユーザーに対して、一定のダウンロードのしきい値を超えた場合にHDストリームを制限したりすることができます。

棒グラフと矢印の図

サービス向上のためのTCPおよびUDPトラフィック制御

トラフィックの分類に基づいた帯域幅制御ポリシーを適用して、TCPビデオ トラフィックのレート制限と、YouTubeやHuluなどの急成長しているQuick UDP Internet Connections(QUIC)ビデオ トラフィックのレート ペースの両方を実現します。BIG-IP Policy Enforcement Manager(PEM)を使用すると簡単です。  

虫眼鏡と心電図の図

トラフィック データ分析の簡素化

詳細な統計情報をエクスポートし、加入者やアプリケーションのフローに関する詳細なレポートを作成できます。例えば、セッションごと、アプリケーションごとのアクティビティに関するデータや、イベント駆動型の記録やフローベースの記録を取得できます。

リソース

COVID-19に関するブログ

ブログ

COVID-19流行下におけるビデオの最適化

ブログを読む ›

BIG-IPソリューション

ソリューション エリア

Optimize and Monetize the Network with BIG-IP Policy Enforcement Manager

さらに詳しく ›

ソリューション エリア

S/Gi-LANとN6の機能の統合と仮想化

さらに詳しく ›

次のステップ

お問い合わせ

詳細について、またご質問がある場合は、販売担当員までお問い合わせください。