ポリシー

F5サポートとメンテナンスのプライバシーに関する声明

発効日:2019年10月10日

概要

F5は、BIG-IPハードウェアやBIG-IP仮想エディション(「ソリューション」)などのF5ネットワークソリューションのサポートとメンテナンス(「サービス」)を提供します。

このプライバシーに関する声明は、F5がサービスを通じて処理する顧客データに適用されます。

当事者の役割

EUおよび同様の管轄のデータ保護法に基づき、F5は顧客データの処理者であり、顧客は個人データが含まれる限り、当該データの管理者(またはその代理)となります。 

サービスによって処理される個人データ

サービスの多くの顧客は、サポート/メンテナンスリクエストを送信する個人の連絡先情報を除き、サービスを通じてF5に個人データを提供することはありません。ただし、その場合、個人は、個人データが含まれる可能性のある追加情報をF5に提供することを選択できます。

その例の1つが、QKViewと呼ばれるファイルをF5に提供することです。このファイルには、IPアドレスを含むログファイルのサンプリングなど、ソリューションに関連するネットワークと構成の詳細が含まれています。顧客は意図的にQKViewを生成し、それをF5サポートWebサイトであるiHealthに手動でアップロードします。スナップショットから特定の種類のデータ(パスワードや秘密鍵のようにフォーマットされているような部分など)を削除する自動化プロセス実行後、iHealth Webサイトは、QKViewのコンテンツをユーザーまたはF5担当者向けに人間が読める形式で表示できます。

顧客によるもう1つの個人データ提供方法は、ソリューションのメモリコア(または仮想相当物)とは異なるタイプのスナップショット、またはソリューションを通過するトラフィックのスナップショットを意図的に作成し、F5に手動でアップロードするやり方です。これらのスナップショットには通常、IPアドレスが含まれています。顧客がソリューションを使用して個人データを含むトラフィックを処理する場合、スナップショットには当該の個人データのランダムなスニペットが含まれる場合があります。

このプロセスは、シュレッダーのトラブルシューティングのために、手動で構成情報と数枚のシュレッダーをシュレッダー製造元に提供するのと似ていますが、この例では、製造業者がトラブルシューティングの前に特定のシュレッドからインクの一部を消去します。 

個人データの処理

F5はスナップショットを使用して、ソリューションによるトラフィック処理の診断や、サポートやメンテナンスを提供します。IPアドレスを除き、スナップショット内の個人データの実際のコンテンツはこのプロセスとは無関係であり、無視されます。

ページ情報

F5のプライバシー慣行の詳細については、F5プライバシーに関する通知を参照してください。F5がサービスを顧客に提供する際に処理する顧客データに関してお客様の権利を行使するには、その顧客に連絡してください。