トレーニング コース

BIG-IPシステム向けiRulesの開発

このコースは、ネットワーキング専門家がF5® iRules®開発を機能的に理解できるように設計されています。このコースでは、「BIG-IPシステムの管理」または「F5® BIG-IP® Local Traffic Manager™(LTM)の設定」のコースに基づき、BIG-IPシステム上のトラフィック処理に関連する一般的なタスクを監視および管理するためのiRulesを論理的に計画して記述する方法を説明します。広範なコース ラボは、iRulesの記述、適用、およびローカル トラフィックに対するiRulesの効果の評価で構成されています。この実習コースでは、講義、ラボ、ディスカッションを行います。

コースの目的

  • BIG-IPシステム上でのアプリケーション デリバリーのカスタマイズにおけるiRulesの役割を説明する
  • iRulesを使用するためのベスト プラクティスを説明する
  • イベント コンテキストを定義し、クライアント側とサーバー側のコンテキスト、リクエストとレスポンスのコンテキスト、およびローカルとリモートのコンテキストを区別する
  • クライアント側とサーバー側の両方のリクエスト イベントとレスポンス イベントに対して、iRuleをトリガーする
  • 仮想サーバーに複数のiRuleを割り当てて重複イベントがトリガーされる順番を制御する
  • iRuleの開発とトラブルシューティングのためのテスト方法を説明および使用する
  • ローカル変数、静的変数、リスト、配列、セッション テーブル、データ グループを使用して、iRuleの実行に必要な情報を保存する
  • ランタイムと管理効率に最適なiRulesを記述する
  • 制御構造を使用して、iRule内で条件付きで分岐またはループさせる
  • Linux syslog-ngまたはTMOS高速ロギング(HSL)を使用してiRuleからログを記録する
  • iRule開発中にコーディングのベスト プラクティスを組み込む
  • アナライザ ツールを使用して、クライアント側とサーバー側の両方のコンテキストでトラフィック フローをキャプチャして表示する
  • タイミング統計を収集して使用してiRuleのランタイム効率を測定する
  • 一般的なHTTP攻撃の緩和と防御に役立つiRulesを記述する
  • 10進法、8進法、16進法、浮動小数点法、指数法を区別する
  • TclコマンドとiRule関数を使用して文字列を解析および操作する
  • HTTPヘッダー情報にアクセスして操作するiRulesを記述する
  • カスタマイズされた統計を収集するiRulesを記述する
  • iRuleによってユニバーサル パーシステンスを実装する
  • ストリーム プロファイルを持つiRuleを使用してペイロードの内容を変更する

コース トピック

  • BIG-IPシステムのセットアップ
  • iRules入門
  • iRule開発のためのDevCentralリソースの活用
  • イベント、関数、コマンド、変数、演算子などのiRule要素の説明
  • 制御構造を使用した条件分岐とループ
  • 空白文字、グループ化、特殊記号の習得
  • タイミング統計を使用したiRuleの効率の測定
  • syslog-ngまたは高速ロギング(HSL)を使用したiRuleからのロギング
  • 効率化のベスト プラクティスの実装を含むiRules実行の最適化
  • プロシージャの使用を含む、管理効率のためのiRulesのモジュール化
  • 一般的なHTTP攻撃の防止、HTTPヘッダーとCookieの保護、HTTP Strict Transport Security(HSTS)の実装を含む、iRulesによるWebアプリケーションの保護
  • Tcl解析コマンドとiRules解析関数の使用を含む文字列の操作
  • HTTP圧縮の選択的適用を含むHTTPトラフィックのアクセスと操作
  • iFilesとデータ グループの操作
  • ユニバーサル パーシステンスとストリーム プロファイルでのiRulesの使用
  • STATSとISTATSを使用した統計の収集
  • 配列、静的変数、セッション テーブルなどの高度な変数の組み込み

受講対象者

このコースは、iRulesを使用してBIG-IPシステムを介したトラフィック フローのカスタマイズを担当するシステム管理者、ネットワーク管理者、アプリケーション開発者を対象としています。

前提条件

このコースを受講する前に、以下のF5の必修コースのいずれかを修了している必要があります。

BIG-IPシステムの管理と設定に慣れていない受講者には、オプションで利用できる以下の無料のWebベース トレーニング コースをお勧めします。

F5 Global Training Servicesのインストラクタ主導型コースを受講する前に、以下の一般的なネットワーク技術の知識と経験を身につけておくことをお勧めします。

  • OSIモデル カプセル化
  • ルーティングと切り替え
  • イーサネットとARP
  • TCP/IPの概念
  • IPアドレスとサブネット
  • NATとプライベートIPアドレス
  • デフォルト ゲートウェイ
  • ネットワーク ファイアウォール
  • LANとWAN

このコースを受講する前に、コース固有の以下の知識や経験を身につけておくことをお勧めします。

  • HTTPプロトコル
  • 任意のプログラム言語

v14からの主なコースの変更点

「BIG-IPシステム向けiRulesの開発」v15.1コースの内容は、v14.1とほぼ同じですが、細かい変更が加えられています。パスワードは8文字(f5trn0XXなど)です。

コース概要

コース概要v15を見る

Chapter 1: Setting Up the BIG-IP System

  • Introducing the BIG-IP System
  • Initially Setting Up the BIG-IP System
  • Archiving the BIG-IP System Configuration
  • Leveraging F5 Support Resources and Tools

Chapter 2: Getting Started with iRules

  • Customizing Application Delivery with iRules
  • Triggering an iRule
  • Leveraging the DevCentral Ecosystem
  • Creating and Deploying iRules

Chapter 3: Exploring iRule Elements

  • Introducing iRule Constructs
  • Understanding iRule Events and Event Context
  • Working with iRule Commands
  • Logging from an iRule Using SYSLOG-NG (LOG Command)
  • Working with User-Defined Variables
  • Working with Operators and Data Types
  • Working with Conditional Control Structures (IF and SWITCH)
  • Incorporating Best Practices in iRules

Chapter 4: Developing and Troubleshooting iRules

  • Mastering Whitespace and Special Symbols
  • Grouping Strings
  • Developing and Troubleshooting Tips
  • Using Fiddler to Test and Troubleshoot iRules

Chapter 5: Optimizing iRule Execution

  • Understanding the Need for Efficiency
  • Measure iRule Runtime Efficiency Using Timing Statistics
  • Modularizing iRules for Administrative Efficiency
  • Using Procedures to Modularize Code
  • Optimizing Logging
  • Using High-Speed Logging Commands in an iRule
  • Implementing Other Efficiencies
  • Using Looping Control Structures (WHILE, FOR, FOREACH Commands)

Chapter 6: Securing Web Applications with iRules

  • Integrating iRules into Web Application Defense
  • Mitigating HTTP Version Attacks
  • Mitigating Path Traversal Attacks
  • Using iRules to Defends Against Cross-Site Request Forgery (CSRF)
  • Mitigating HTTP Method Vulnerabilities
  • Securing HTTP Cookies with iRules
  • Adding HTTP Security Headers
  • Removing Undesirable HTTP Headers

Chapter 7: Working with Numbers and Strings

  • Understanding Number Forms and Notation
  • Working with Strings (STRING and SCAN Commands)
  • Combining Strings (Adjacent Variables, CONCAT and APPEND Commands)
  • Using iRule String Parsing Functions (FINDSTR, GETFIELD, and SUBSTR Commands)

Chapter 8: Processing the HTTP Payload

  • Reviewing HTTP Headers and Commands
  • Accessing and Manipulating HTTP Headers (HTTP::header Commands)
  • Other HTTP commands (HTTP::host, HTTP::status, HTTP::is_keepalive, HTTP::method, HTTP::version, HTTP::redirect, HTTP::respond, HTTP::uri)
  • Parsing the HTTP URI (URI::path, URI::basename, URI::query)
  • Parsing Cookies with HTTP::cookie
  • Selectively Compressing HTTP Data (COMPRESS Command)

Chapter 9: Working with iFiles and Data Groups

  • Working with iFiles
  • Introducing Data Groups
  • Working with Old Format Data Groups (MATCHCLASS, FINDCLASS)
  • Working with New Format Data Groups (CLASS MATCH, CLASS SEARCH)

Chapter 10: Using iRules with Universal Persistence, Stream, and Statistics Profiles

  • Implementing Universal Persistence (PERSIST UIE Command)
  • Working with the Stream Profile (STREAM Command)
  • Collecting Statistics Using a Statistics Profile (STATS Command)
  • Collecting Statistics Using iStats (ISTATS Command)

Chapter 11: Incorporating Advanced Variables

  • Reviewing the Local Variable Namespace
  • Working with Arrays (ARRAY Command)
  • Using Static and Global Variables
  • Using the Session Table (TABLE Command)
  • Processing Session Table Subtables
  • Counting “Things” Using the Session Table
コース概要v14を見る

Chapter 1: Setting Up the BIG-IP System

  • Introducing the BIG-IP System
  • Initially Setting Up the BIG-IP System
  • Archiving the BIG-IP System Configuration
  • Leveraging F5 Support Resources and Tools

Chapter 2: Getting Started with iRules

  • Customizing Application Delivery with iRules
  • Triggering an iRule
  • Leveraging the DevCentral Ecosystem
  • Creating and Deploying iRules

Chapter 3: Exploring iRule Elements

  • Introducing iRule Constructs
  • Understanding iRule Events and Event Context
  • Working with iRule Commands
  • Logging from an iRule Using SYSLOG-NG (LOG Command)
  • Working with User-Defined Variables
  • Working with Operators and Data Types
  • Working with Conditional Control Structures (IF and SWITCH)
  • Incorporating Best Practices in iRules

Chapter 4: Developing and Troubleshooting iRules

  • Mastering Whitespace and Special Symbols
  • Grouping Strings
  • Developing and Troubleshooting Tips
  • Using Fiddler to Test and Troubleshoot iRules

Chapter 5: Optimizing iRule Execution

  • Understanding the Need for Efficiency
  • Measure iRule Runtime Efficiency Using Timing Statistics
  • Modularizing iRules for Administrative Efficiency
  • Using Procedures to Modularize Code
  • Optimizing Logging
  • Using High-Speed Logging Commands in an iRule
  • Implementing Other Efficiencies
  • Using Looping Control Structures (WHILE, FOR, FOREACH Commands)

Chapter 6: Securing Web Applications with iRules

  • Integrating iRules into Web Application Defense
  • Mitigating HTTP Version Attacks
  • Mitigating Path Traversal Attacks
  • Using iRules to Defends Against Cross-Site Request Forgery (CSRF)
  • Mitigating HTTP Method Vulnerabilities
  • Securing HTTP Cookies with iRules
  • Adding HTTP Security Headers
  • Removing Undesirable HTTP Headers

Chapter 7: Working with Numbers and Strings

  • Understanding Number Forms and Notation
  • Working with Strings (STRING and SCAN Commands)
  • Combining Strings (Adjacent Variables, CONCAT and APPEND Commands)
  • Using iRule String Parsing Functions (FINDSTR, GETFIELD, and SUBSTR Commands)

Chapter 8: Processing the HTTP Payload

  • Reviewing HTTP Headers and Commands
  • Accessing and Manipulating HTTP Headers (HTTP::header Commands)
  • Other HTTP commands (HTTP::host, HTTP::status, HTTP::is_keepalive, HTTP::method, HTTP::version, HTTP::redirect, HTTP::respond, HTTP::uri)
  • Parsing the HTTP URI (URI::path, URI::basename, URI::query)
  • Parsing Cookies with HTTP::cookie
  • Selectively Compressing HTTP Data (COMPRESS Command)

Chapter 9: Working with iFiles and Data Groups

  • Working with iFiles
  • Introducing Data Groups
  • Working with Old Format Data Groups (MATCHCLASS, FINDCLASS)
  • Working with New Format Data Groups (CLASS MATCH, CLASS SEARCH)

Chapter 10: Using iRules with Universal Persistence, Stream, and Statistics Profiles

  • Implementing Universal Persistence (PERSIST UIE Command)
  • Working with the Stream Profile (STREAM Command)
  • Collecting Statistics Using a Statistics Profile (STATS Command)
  • Collecting Statistics Using iStats (ISTATS Command)

Chapter 11: Incorporating Advanced Variables

  • Reviewing the Local Variable Namespace
  • Working with Arrays (ARRAY Command)
  • Using Static and Global Variables
  • Using the Session Table (TABLE Command)
  • Processing Session Table Subtables
  • Counting “Things” Using the Session Table

SKU:F5-TRG-BIG-IRULE-CFG

価格:2,995米ドル

コース所要時間:3日間