金融機関は、犯罪組織によるクレデンシャルの窃盗を含め、詐欺の最も有利なターゲットの一つであり、、金融サービス業界の損失は年間で数十億に及びます。

GRCと不正行為の管理が重要である理由

その理由は単純で、どの程度適切にアプリケーションを保護しているか、コンプライアンスを維持しているかによって、信頼できるオンライン プレゼンスかどうかが決まります。残念なことに、顧客が複数のチャネル、デバイス、およびタッチポイントを介してアカウントにアクセスすることが増えているために、デジタル アクセス ポイントは金融機関を標的とする犯罪組織の第一の標的となっています。

レポートを見る›

 

F5によるサポート

当社の不正対策ソリューションは、強力なAIと機械学習を組み合わせて悪用を特定することで、不正行為、顧客の不満、必要な労力を低減します。実際、米国の大手銀行の4行中3行が、F5のソリューションで安全を確保しています。

コンプライアンスに関しては、業界が認めている当社のサポート、製品、ソリューションは、監査プロセスの合理化において実績が実証されています。

Eブックを読む ›

F5ソリューションを調べる

不正リスクの軽減

米国の消費者向け銀行業界は、クレデンシャル スタッフィングにより年間最大17億ドルの損失を被っています。これらのインシデントによって生じるコストと評判の低下を考えると、信頼できるソリューションが必要です。

当社のソリューションは金融サービス業界に幅広く導入されており、デバイスとIPに関連する評判や速度に基づいて明らかになるインサイトを活用することができます。

監査プロセスの合理化

次の監査がいつ開始されるかはわかりません。監査が始まれば、フルタイムのエンジニアが必要な調査とコンプライアンスの証明作業にかかりきりになり、最長で6か月にわたってその時間と労力を奪われかねません。ガバナンス、リスク、コンプライアンス基準を満たすことが難しい場合もありますが、それが重要なビジネス目標の達成を妨げることがあってはなりません。F5を利用すれば、監査プロセスを合理化することができます。


参考となる事例

人間による不正行為を阻止

悪質な取引を自動的に阻止します。F5を利用しなければ、それらの一部は不正行為を手動で調査しなければなりません。

さらに詳しく ›

ボットと悪用を緩和

ビジネスをサポートする善意のボットのアクセスを許可しながら、悪意のボットからWebサイト、モバイル アプリケーションおよびAPIを守ります。

さらに詳しく ›

コンプライアンス監査プロセスを合理化

優れた可視性とコンプライアンス対応のソリューションで監査プロセスが及ぼす影響を最小限に抑えます。

さらに詳しく ›

Prevent Account Takeover (ATO)

An effective ATO prevention strategy decreases costs and increases revenue by stopping fraud without user friction.

Learn more ›

リソース

マルウェア レポート

Eブック

マルウェアはどのようにしてデータを盗むのか

レポートを見る›

Webセミナー

Webセミナー

ユーザーと重要なアプリケーションを保護しながら、ガバナンスを維持し、リスクを緩和し、コンプライアンスを管理する方法

すぐに見る›

Eブック

Eブック

新たなOWASP Top 10とその先に備える

Eブックを読む ›

Webセミナー

Webセミナー

オンライン不正行為のサイクルを断ち切る

すぐに見る›

ブログ

F5 Labs

OCCおよびHIPAAサイバーセキュリティ規制の罰金が数億に及ぶ

記事を読む›

Labsの記事

F5 Labs

監査でよくある6つの失敗

記事を読む›

Labsの記事

F5 LABS

監査でよくある6つの失敗を回避するには

記事を読む›

Customer Story

CUSTOMER STORY

North American Financial Institution Prevents Fraud with F5

See the customer story ›

Breifing

THREAT LANDSCAPE BRIEFING

Inherent Fraud Vulnerabilities in Financial Services

Read the briefing ›

次のステップ

デモ ビデオを見る

NGINXを使用したAPIの定義、公開、ルーティング、セキュリティの管理方法をご確認ください。

お問い合わせ

F5の製品とソリューションがお客様の目標達成をどのように実現するかをご確認ください。