サイバーセキュリティに関するEブック:金融サービスに対する不正行為から生じるサイバー攻撃の経済学

金融サービス機関は、他業種の企業と比べてサイバー攻撃を受ける頻度が300倍を超えます。1 その理由は単純で、攻撃者にとって投資に対する見返りが非常に魅力的だからです。現在、最も蔓延しているサイバー脅威の経済学を理解することで、より効果的に防御し、貴重なデータと会社の評判を守り、サイバー攻撃対策に費やすコストを削減し、さらに攻撃者にとっての投資に対する見返りを抑えて彼らのやる気を削ぐことができます。

このサイバーセキュリティに関するEブックから学べること:

  • 攻撃者が潜在的な収益率を計算する方法と、潜在的なペイオフを魅力的にしている要因
  • 攻撃者の視点から見た、セキュリティ コストと価値を比較する際の一般的な課題
  • 攻撃用ソフトウェアの開発ライフサイクルの進め方と、そのライフサイクルを中断することが重要である理由
  • 金融サービスにおいてクレデンシャル スタッフィングが最上位のセキュリティ脅威である理由と、その対策としてすべきこと

[1] Naomi Eide、『Cyberattacks Hit Financial Services 300 Times More than Other Sectors』、CIODIVE(2019年6月21日)

攻撃者の経済学に関するEブック

下のフォームに必要事項を入力して、この有益なEブック『攻撃者の経済学:サイバー攻撃のコストと価値について金融サービス機関が知っておくべきこと』をお受け取りください。

Eブックをメールで受信し、F5の製品やサービスについてのお知らせを受け取るには、フォームに必要事項を入力してください。ご提供いただいた情報は、F5のプライバシーに関する通知に従って取り扱われます。いつでもオプトアウトすることができます。オプトインしないでEブックを入手する場合は、当社までご連絡ください

Thank you. Your report is on the way.

Check your inbox for an email from F5 in the next hour, which will include the download link.