ゼロ トラスト セキュリティ モデルによる社内アプリケーションの保護

社内アプリケーションのポートフォリオへのアクセスを管理する際のセキュリティとユーザー エクスペリエンスを向上させます。

ゼロ トラスト セキュリティが重要な理由

ビジネスが新常態(ニュー ノーマル)に適応し、リモート ワークが増加するにつれ、リモート アクセスの拡張と安全性の確保がこれまで以上に重要になっています。F5 Identity Aware Proxyは、ゼロ トラスト アプリケーション アクセスの導入やその他のベスト プラクティスの実装に役立ちます。

Webセミナーを見る ›

BIG-IP Webセミナー

F5によるサポート

ゼロ トラスト セキュリティ モデル向けの優れたソリューションは1つではありませんが、F5はその基盤、すなわちパートナーのエコシステムと一体化するパズルのセンター ピースを提供することで、適切な人だけが適切なタイミングで適切なアプリケーションや情報にアクセスできるようにします。

ブログを読む ›

F5ソリューションを調べる

なぜゼロ トラスト セキュリティが選ばれるのか?

なぜ今、従来の防御線が効力を失っているのか?


現在、ユーザーは、オフィスの外のさまざまな場所でさまざまなデバイスを使って業務を行い、オンプレミスやさまざまなクラウド環境に存在する社内アプリケーションに接続しています。そのため、アクセス管理を簡素化し、ユーザーがアプリケーションに簡単にアクセスできるようにするために、ゼロ トラスト セキュリティが必要とされています。

BIG-IP Access Policy Manager

セキュリティ、ユーザビリティ、スケーラビリティを強化します。

移行を始めましょう

保護機能をユーザーとアプリケーションの近くに移します。


F5 Iidentity-Aware Proxyは、ゼロ トラスト アーキテクチャにおいて中心的な役割を果たします。ネットワーク層ではなく、アプリケーション層でアイデンティティとアクセスに焦点を当て、認証と認可の制御を一元化します。

ゼロ トラストを成功させるための質問

目標と要件を理解しておくことが、ゼロ トラスト戦略を成功させる鍵となります。

ソリューションの長所

なぜ、F5のアイデンティティアウェア アクセス プロキシが効果的なのか?


このソリューションは、シングル サインオン(SSO)で複雑さを軽減し、アクセスを許可する前にユーザー デバイスの安全性を確保し、時間、ユーザーの位置、アプリケーションのリスク レベルなど、多数の属性からコンテキストに基づいてアクセスを許可することで、シームレスでありながらセキュアなユーザー エクスペリエンスを提供します。

BIG-IP Access Policy Manager

ユーザーと管理者の双方にとってアクセスの管理がシンプルになります。

エコシステム統合

F5のソリューションは、ゼロ トラスト エコシステムとどのように統合されるのか?


F5のソリューションは、Microsoft Azure AD、Okta、Ping IdentityなどのIdentity as a Service(IDaaS)パートナーと統合され、オンプレミスまたはデータ センターのアプリケーションを接続します。

BIG-IP Access Policy Manager

アクセス管理への既存の投資を強化します。

リソース

Labsの記事

F5 Labsの記事

ゼロ トラストにより、リモートに移行しても会社の情報を保護する

記事を読む›

DevCentralの記事

記事

クラウドへのF5 Identity-Aware Proxyの導入

続きを読む ›

次のステップ

デモを見る

F5がどのようにしてゼロ トラスト アーキテクチャの基盤を確立したかを詳しく見てみましょう。

お問い合わせ

他にも質問がある場合や、詳細な概要のスケジュールを希望する場合は、こちらをご覧ください。