ネットワーク機能仮想化

サービスの速度を向上し、ネットワークの柔軟性とスケーリングを改善して、総所有コストを削減します。

仮想化ネットワークへの移行

オーケストレーション、抽象化およびプログラマビリティ

ネットワーク機能仮想化(NFV)アーキテクチャは、新しいサービス デリバリ モデルと弾力性のあるネットワーク スケーリングを実現して総所有コストを削減するために必要なネットワークの柔軟性を提供します。

基本的に、NFVは、専用のハードウェアに現在導入されているネットワーク コンポーネントを仮想化することから始まります。ネットワークをNFVに進化させると、コントロール プレーンおよびデータ転送プレーンの抽象化により、新しいサービスの作成および管理が簡単になります。同時に、柔軟性と俊敏性を向上する業界標準のオープンAPIに基づいたプログラマブル ネットワークも利用できます。

F5のVNFの豊富なポートフォリオ

完全に仮想化されたネットワークを導入する場合でも、一部の機能のみ仮想化されるハイブリッド ネットワークを導入する場合でも、BIG-IP製品は、キャリアグレードの専用ハードウェアとしてもCOTSハードウェアの仮想エディション(VE)としても利用できます。

BIG-IPプラットフォームで利用できるVNFには、仮想ファイアウォール(vFW)、仮想アプリケーション デリバリ コントローラ(vADC)、仮想ポリシー マネージャ(vPEM)、仮想DNS(vDNS)などが含まれます。

F5は、完全に自動化されたNFVソリューション パッケージによりネットワーク仮想化を簡単にします。これらは、5~50Gbps単位の消費ベース オプションとして購入して簡単にインストールできるソリューションで、ネットワークの計画、サイズ決定および購入が大幅に簡単になります。これらのVNFサービス パッケージには、サービスのインスタンス化からオートスケーリング、削除に至るライフサイクル全体が管理される完全自動化のソリューションを実現するF5 VNF Managerが含まれます。自動化された仮想化ネットワークのすべてのメリットを活用できるときがさらに近付きました。

オープン アーキテクチャのメリット

トラフィックが膨張する中で有益なビジネス モデルを維持するため、世界の大手事業者は、オープン アーキテクチャのOpenStackでNFVに移行しています。

ある米国の一流事業者は、複数のベンダと協力して、NFVアーキテクチャ設計を作成しました。また、ACG Researchと協力して、オープン アーキテクチャ プラットフォームと「より密接なバンドル化」の2つの設計アプローチの経済状態を分析しました。

5年以上の期間で、オープン アーキテクチャ プラットフォームにおけるTCOの累積額は、バンドル化アプローチと比較して、53%少なく、新しいサービス導入において3倍高速であると推定されます。

成長するパートナ エコシステム

ハードウェアおよび仮想エディションを含むF5のすべてのソリューションは、同じオペレーティング システム(TMOS)で稼働し、パートナの管理およびオーケストレーション ソリューションにプラグインできる標準のオープンAPI/REST APIを使用します。


NFVの使用事例

VEのアイコン

統合された豊富なサービス ポートフォリオを活用

F5は、そのすべての製品に仮想エディションを提供しています。これらの仮想化ネットワーク機能(NFV)は、仮想化されていないネットワーク機能と同じF5 TMOSプラットフォーム上で稼働します。

コストのアイコン

コストを削減

F5のすべてのソリューションは、TMOSオペレーティング システムに基づいているので、F5 VIPRIONシャーシおよびBIG-IPアプライアンスから商用オフザシェルフ ハードウェアにネットワークをシームレスに移行できます。F5のソリューションを利用することで、ネットワーク要件およびNFV移行ロードマップに基づいて調整およびカスタマイズできるハイブリッド ネットワーク アーキテクチャを維持すると同時に、加入者に高品質なサービスを提供できます。

スピードのアイコン

サービスの速度を向上

F5 VNFは、ライセンシング アップデートにより実装できるので、新しいサービスを数時間または数日でプロビジョニングできます。F5のVNFを利用することで、サービス機能チェイニングを簡単に活用できるので、一連のマイクロサービスを組み合わせてマクロサービスを提供できます。F5のすべてのVNFは、Load Balancing as a Service(LBaaS)、Firewall as a Service(FWaaS)およびDNS as a Service(DNSaaS)などのサービスとして導入できます。

スケールのアイコン

拡張性と柔軟性を向上

F5のVNFは、汎用ハードウェアを別の目的に再利用する、またはクラウドでプロビジョニングすることで、需要に合わせて素早く拡張できます。また、必要なネットワーク機能とともにデータ センタ間でサービスを提供できます。その結果、以前はコストが高すぎた、または技術的に不可能であった場所に機能を導入できます。また、より小規模なエッジ コンピューティングのフットプリントで導入することで、IoT成長の管理を効率化して、5G開発および導入を推進できます。

最高品質のアイコン

最高品質の機能を提供

業界標準に基づいたF5のVNFは、NFV環境全体に簡単に統合できるので、最高品質のソリューションを開発できます。F5は、ETSI、NFV、IETF、Openstack Forum、Open Networking Foundation、その他のNFV/SDN標準機関および団体のメンバであり、積極的に参加しています。

管理のアイコン

管理およびオーケストレーションを最適化

F5のVNF Managerは、サードパーティ ベンダを必要とせずにすべてのL7サービスのライフサイクルおよびオーケストレーションを管理できるようにサポートします。F5の管理およびオーケストレーション機能を利用することで、仮想サービスを統合および管理、サービス オーケストレーションを簡素化および最適化、ライフサイクル管理を実装してサービスの迅速なスピンアップとスピンダウンをサポート、ソフトウェア アップデート/バージョンを迅速に導入、柔軟なクラウド ライセンシング モデルにより調達を統合できます。

次世代のオンデマンド サービスを解放

ビデオを見る(英語)

参考情報

ROIを最大化

アーキテクチャおよび設定を最適化することで、F5のNFVソリューションを最大限活用します。

NFV実装のメリット

ある米国の一流事業者は、複数のベンダと協力して、TCOを削減しながら3倍のパフォーマンス向上を実現する安全なNFVアーキテクチャ設計を開発しました。

簡単、速い、拡張

自動展開と自己設定が可能でインストールが簡単なNFVソリューションを使用して、仮想化ネットワークを簡素化できます。これにより、時間を節約して、アプリケーション パフォーマンスをすぐに確保できます。