2021年版アプリケーション戦略レポート:通信業編



Thank you. Your report is on the way.

Check your inbox for an email from Olivia at F5 (o.anderson@f5.com). It contains your download link.

通信事業の約3分の2が高度なデジタル変革に進んでいる

昨年は、COVID-19のパンデミックにより、データ駆動型の未来に向けたグローバルなデジタル変革が大きく加速されました。F5の最新のアプリケーション戦略調査結果から明らかなように、モビリティ プロバイダーか固定回線プロバイダーかにかかわらず、通信事業会社は主導的な立場にあります。

その他、通信業界の回答者から得られた主な調査結果は以下の通りです。

  • 企業は、より俊敏性の高いネットワークに向かって進んでいる:セキュリティやビジネス プロセスの最適化にAIを利用することは、ますます一般的になっています。
  • APIへの関心が高まっている:通信事業者の4分の3は、APIセキュリティ ソリューション、APIゲートウェイ、またはその両方を導入しています。
  • 組織はデータを持っているが、インサイトが不足している:98%が、必要なインサイトが不足していると回答しています。
  • エッジ コンピューティングが最大のトレンド。業界は、マルチアクセス エッジ コンピューティング(MEC)という観点からこれにアプローチしており、88%の組織がエッジへの導入を計画しています。
『2021年版アプリケーション戦略レポート:通信業編』をご希望の方は、フォームにご記入ください。

その他の『2021年版アプリケーション戦略レポート』をダウンロード

グローバル レポート

2021年版アプリケーション戦略レポート

レポートを見る ›

フォーカス レポート

2021年版金融サービス向けレポート

レポートを見る ›

フォーカス レポート

2021年版通信事業者向けレポート

レポートを見る ›