BLOG

F5のダイバーシティとインクルージョンを共に推進する

Mary Fairchild サムネール
Mary Fairchild
Published December 12, 2022
  • Share to Facebook
  • Share to Twitter
  • Share to Linkedin
  • Share via AddThis

このたび、2022年版の『F5のダイバーシティとインクルージョン』レポートを公開し、当社のこれまでの歩み、現状、今後の方向性、そしてそこに至るまでに私たち1人1人に何ができるかについてお話しできることを嬉しく思います。私は、2018年にF5に入社し、この会社にユニークな文化があることにすぐ気付きました。私は、面接で「なぜこの会社で働くのですか?」と聞かれたことを思い出します。みんながそれぞれ、「人のために」といった趣旨のことを言っていました。F5の従業員は、誰もが自分らしく、可能性を最大限に発揮できる企業文化を育むことに努めています。このレポートは、組織のあらゆるレベルで行われているその積極的な取り組みを反映しています。

2018年が重要な年だったことは後でわかりました。私は、当社がダイバーシティ&インクルージョン(D&I)オフィスを正式に発足し、ダイバーシティとインクルージョンに富む職場を作る意思を固めたときにちょうど入社しました。私たちは、この変化を加速し、従業員それぞれがインクルーシブであり、支援され、権利を与えられていると感じる文化を育むために積極的に取り組む必要があることを理解しました。この4年間には、大きな一歩を踏み出す場面がいくつかありました。それが、Employee Inclusion Groupsの拡張、雇用の取り組みの変革、無意識の偏見とアライシップに関するトレーニングの実施です。

幸いなことに、従業員の努力が実を結んでいることをお伝えできます。2018年以降、職場において民族と性別のダイバーシティが継続的に高まり、これと同時に、会社全体の帰属意識のスコアが72%から84%に上昇しました。私たちは、ダイバーシティとレプリゼンテーションが増すにつれて、インクルージョンと帰属意識も高まることを感じました。これは、高い成果を上げている当社のヒューマンファーストの文化の典型的な例です。私たち全員がインクルーシブであると感じるとき、私たちはより良く共に取り組むことができます。そして、共に取り組むことが継続的な成功への鍵です。

私にとって、この「共に取り組む」ことをさまざまな会社や技術業界に広げていくことが重要だと考えています。当社のD&I戦略を今日公開しているのはこのためです。D&Iは企業文化の多くの要素の1つであり、必ずしもすべての慣習や概念を伝えることができるとは限りませんが、おそらくこれが他者のためのアイデアのきっかけになったり、D&Iプログラムの共有や公開を進めたりすることになると私は信じています。ここでは、当社のI.D.E.A.(Inclusion、Diversity、Equity、Allyship:インクルージョン、ダイバーシティ、公平性、アライシップ)のフレームワーク、これらの複雑な概念に関する当社の実用的な定義、2022年に多くの成果を実証した取り組み、次年度の当社の取り組みなど、このレポートに書かれている情報のごく一部をご紹介します。

インクルージョンとは、私たちが他の人にどのような感情を抱かせるかです。私たちは、全員が自分の行動を愛し、自分の可能性を最大限に発揮できるように、帰属意識を育むことを実践しています。

  • 2022年度の進展:私たちは、研修プログラムを発展させ、インクルーシブな雇用、マイクロアグレッションとの闘い、アライシップの推進についてのセッションをより短く、利用しやすいものにしました。また、各文書に従業員の人称を反映させ、性別、人種、民族の選択肢を広げて、F5の従業員が自分の選んだ方法でアイデンティティを表現できるようにしました。

  • 2023年度の取り組み:帰属意識のスコア80%以上を維持する取り組みに加え、全従業員に対してインクルージョン研修セッションを義務付け、さらに世界各国の各EIGのリーダーに業績賞与を付与して、EIGsとそのリーダーへの投資を続けていきます。
     

ダイバーシティには、さまざまなバックグラウンド、考え方、視点を当社のイノベーションに取り入れることを目的として、従業員の人口構成の多様化を図ることが含まれます。

  • 2022年度の進展:私たちは、業界のベスト プラクティスの確立と共有を目的として初めて開催されたBlack Equity Indexに参加し、新たな人材の獲得に向けてF5の黒人の専門家にスポットライトを当て、さらにBlack Leaders in Techグループを通じて新たな職務とプログラムを推進しました。

  • 2023年度の取り組み:今後も引き続き、すべての欠員の面接においてバランスの取れた人選を義務付け、職場における性別と民族の多様性を高めることに注力します。
     

公平性とは、すべての人が自らの成功に必要なリソース、機会、情報を確実に利用できるように取り組むことを意味します。

  • 2022年度の進展:黒人とラテンアメリカ系の従業員のための2回目の年次グローバル リーダーシップ開発会議を開催しました。また、スポンサーシップ プログラムを拡張し、F5 Appreciates Blackness、F5 Latinx e Hispanos Unidos、F5 Connects Women EIGsが含まれました。

  • 2023年度の取り組み:Latinx EIGのメンバーのために企画されたリーダーシップ プログラムを社内で開始します。また、リーダーシップの成功に関するD&I会議の記録を提供し、F5内の採用プロセスとプログラムの公平性分析を引き続き拡大する予定です。
     

アライシップとは、自分と異なる経験を持つ人の話に耳を傾け、そこから学び、自分の行動がもたらす影響についてフィードバックを求めることです。

  • 2022年度の進展:アライシップに関する必須の研修を全従業員に対して実施しました。また、従業員が実施するアライシップの読書会を支援し、教育と啓蒙のために年間40冊以上の書籍を提供しました。

  • 2023年度の取り組み:Allyship at Workグループの推進と拡張に努めます。また、社内で実践するためのMental Health First Aiderコミュニティを作り、アライシップの実践とF5のダイバーシティとインクルージョンの提唱を目的としてすべてのメンバーに研修の修了を義務付けます。
     

F5の各従業員はダイバーシティとインクルージョンを尊重する会社を作るうえで重要な役割を果たしており、そのおかげで私たちはこれからもこの動きを持続することができます。私たちは、完璧でないことも、達成したことより達成しなければならないことの方がはるかに多いこともわかっています。しかし今日は、当社のこれまでの歩みと今後の方向性についてお話ししたいと思います。そして、私たち1人1人が自分らしくいることができ、誰もが成功できる企業文化を育むために共に取り組んでいただけることに感謝いたします。