BLOG

テクノロジーは素晴らしい(しかし、建築基準法の発明には理由がある)

Mark Menger サムネール
Mark Menger
Published February 07, 2022
  • Share to Facebook
  • Share to Twitter
  • Share to Linkedin
  • Share via AddThis

技術者は何千年もの間、可能なことを実行する技術の幅を広げてきました。過去2万年の間に、石を使っていた時代から、植物、水、風、鉱石の力を利用する時代へと変わりました。この変化によって、私たちの能力、潜在的な可能性、そして生活の質は向上しました。このような変化に伴い、私たちの働き方や暮らし方も変える必要があります。現代の高層ビルについて考えてみてください。これらは技術的にも社会的にも驚異的なエンジニアリングであり、何千年にもわたる人類の進歩を物理的に体現したものです。数百年前は、石材とモルタルによる技術的な可能性のために建物の高さや断熱性が制限され、上流階級の人しか手が届かないものでした。しかし、技術、知識、プロセスの融合により、この一世紀の間に、より高く、より効率的で、より耐障害性のある構造物が生み出されました。さらに、ガラス構造や鉄骨構造の導入により、建築設計の可能性は飛躍的に広がり、都市の垂直方向の変化がもたらされました。

ビルの高層化に伴い、ビルの設計や使用方法、運用方法も変化しました。私たちがこのような巨大なガラス張りのタワーに移動したことで、私たちの生活や働き方は大きく変わりました。職場は、フードサービス、高速エレベーター、高度な空調システムを備えた自己完結型の生態系になりました。安全と健康のために、防火、避難、空気清浄などのシステムを見直す必要がありました。このような技術革新の結果、私たちの職場は(少なくともパンデミックに関連した最近の「在宅勤務」の動きが見られるまでは)、少数の同僚しかいなかった場所から何千人もの同僚がいる場所へと変わりました。家畜と同居していた場所から運動施設のある場所へと変わりました。自宅から毎日何十万人もの通勤者が移動する場所へと変わりました。

同様に、最新のアプリケーション配信プラットフォームと運用技術により、アプリケーション サービスを提供するための共同作業方法も変化しています。わずか数年の間に、新機能の提供には数か月から数年かかっていたものが、数日から数分に短縮されました。テクノロジ、知識、プロセスの融合により、デジタルの価値創造のスピードは飛躍的に向上しています。このような新しいプラットフォームの価値を最大限に引き出すには、セキュリティや信頼性に関する新たな要件に対応する必要があります。私たちは、アプリケーションの開発者や運営者が洗練された機能を生かしてアプリケーション サービスを強化し更新できるようにしなければなりません。同時に、悪意のあるワークロード、サプライ チェーン リスク、不正なトラフィックから企業や顧客を守らなければなりません。

サービス提供のための適応型アプローチは、実際には相反するこれらの要求を調整することができます。適応型の手法には、階層ベースのアーキテクチャ、プロセス重視のパフォーマンス メトリクス、最新のエンジニアリング プラクティスの推奨事項が含まれます。

適応型の階層ベース アーキテクチャを使用して、サービス提供環境を4つの主要分野に分けることで、ソリューションの再利用率と変更ペースが向上します。

  • 管理および運用層
  • グローバル層
  • サイト層
  • アプリケーション層

並行して、継続的な改善活動(Kaizenなど)によって開発および運用プロセスを変革し、以下のような指標を改善します。

  • 提供頻度
  • 平均修復時間
  • 平均故障間隔
  • 価値創出までのリード タイム

最後に、以下によってソフトウェア エンジニアリング手法でアプリケーションおよびインフラストラクチャのコードを同様に管理します。

  • コードと設定のソース コントロール
  • 導入の自動化
  • テストの自動化
  • サービス提供ライフサイクルにおける早期のセキュリティ対策(「シフトレフト」)
  • 疎結合
  • 事前通知

全体的に見て、サービス提供環境の設計、導入、運用に適応型アプローチを使用することで、より良いサービスを提供できます。

  • 最新技術や新技術の可能性を生かす
  • ビジネス ニーズに俊敏に対応する
  • 脅威に迅速に対応する
  • 新しい技術の可能性に柔軟に適応する

最終的には、適切な適応型の制約を設けることで、組織はより強固なセキュリティの下で絶えず拡大している「可能なことを実行する技術」と「責任の領域」のバランスを取りながら、より迅速に移行できるようになります。アプリケーション デリバリ環境は、テクノロジの革新、セキュリティの脅威、そしてビジネスの発展の合流点に位置しています。これらはいずれも、事業運営の方法と理由に対し急速に影響を与えています。テクノロジ ベンダーは、毎週のように新しい機能を提供しています。攻撃者は、手動やボットによるさまざまな攻撃を駆使してアプリケーション サービスを絶え間なく脅かしています。それと同時に、従業員は新しい優れたカスタマ エクスペリエンスを生み出すために絶えず努力しています。結果的に、アプリケーション デリバリ環境をこれらの課題に絶えず適応させることで、組織の強みを強化し、弱みを軽減して、安全で豊かな未来への基盤を築くことができるのです。