トレーニング コース

BIG-IPシステムのトラブルシューティング

このコースは、ネットワーキングの専門家が、数多くのトラブルシューティング テクニック、トラブルシューティング ツール、およびシステム ツールを使用してBIG-IPシステムのトラブルシューティング方法に関する実践的な知識を身につけることができるように設計されています。このコースでは、講義、ラボ、ディスカッションを行います。

コースの目的

  • アプリケーション デリバリー ネットワークにおけるフル プロキシ デバイスとしてのBIG-IPシステムの役割を説明する
  • BIG-IPシステムのセットアップ、起動/再起動/停止、ライセンス、およびプロビジョニングを行う
  • BIG-IPシステムでVLANや自己IPを含む基本的なネットワーク設定を作成する
  • コンフィギュレーション ユーティリティとTMOSシェル(tmsh)を使用してBIG-IPリソースを管理し、トラブルシューティング時にリソースとして使用する
  • BIG-IPアーカイブを作成、復元、管理する
  • 問題の発見と解決のためのトラブルシューティングの方法論を理解し、実践する
  • リソースのステータス、可用性、統計情報を表示し、この情報を使用してBIG-IPシステムが現在どのようにトラフィックを処理しているかを判断する
  • F5® iApps®を使用してBIG-IP設定を更新する
  • F5® iHealth®診断ツールの使用、AskF5での既知の問題と解決策の調査、F5テクニカル サポートへの問題チケットの送信、tcpdumpを使用したトラフィック フローの表示など、トラブルシューティングと問題の特定を行う
  • あらゆるレベルでBIG-IPシステムやネットワークの問題を特定するために使用できるツール(ping、netstat、tcpdump、ssldump、WireShark、diff、Kdiff3、Fiddler、BIG-IPログなど)を理解する
  • 利用可能なログ ファイルをリストし、ログのレベルを理解し、トラブルシューティングに適切なファイル、ログ レベル、およびフィルタを使用する
  • 高速ロギング(HSL)とSNMPトラップの実装を使用して、トラブルシューティングと問題の特定を行う
  • トラフィックの挙動に影響を与えるF5® iRules®の役割と、トラブルシューティングや問題の特定を支援するためのiRulesの使用方法を説明する

コース トピック

  • 設定プロジェクト
  • トラブルシューティングの方法
  • F5サポート
  • あらゆるレベルのトラブルシューティング
  • トラブルシューティング ツール
  • システム ログの使用

受講対象者

このコースでは、「BIG-IPシステムの管理」コースまたはそれに相当するコースを修了し、BIG-IP本番環境で数か月間実際に作業した経験があることを前提としています。BIG-IPシステムが展開されている環境を十分に理解している必要があります。このコースは、BIG-IP管理者、ネットワーク エンジニア、アプリケーション エンジニアなど、BIG-IPシステムに関連する問題のトラブルシューティングを担当する方を対象としています。

前提条件

このコースを受講する前に、以下のF5の必修コースのいずれかを修了している必要があります。

BIG-IPシステムの管理と設定に慣れていない受講者には、オプションで利用できる以下の無料のWebベース トレーニング コースをお勧めします。

F5 Global Training Servicesのインストラクタ主導型コースを受講する前に、以下の一般的なネットワーク技術の知識と経験を身につけておくことをお勧めします。

  • OSIモデル カプセル化
  • ルーティングと切り替え
  • イーサネットとARP
  • TCP/IPの概念
  • IPアドレスとサブネット
  • NATとプライベートIPアドレス
  • デフォルト ゲートウェイ
  • ネットワーク ファイアウォール
  • LANとWAN

このコースを受講する前に、 コース固有の 以下の知識や経験を身につけておくことをお勧めします。

  • HTTP、HTTPS、FTP、SSHプロトコル

v14からの主なコースの変更点

「BIG-IPシステムのトラブルシューティング」v15.1コースの内容はv14.1とほぼ同じですが、流れを改善するために細かい変更が加えられています。パスワードは8文字です。

コース概要

v15 COURSE OUTLINE

Chapter 1: Setting Up the BIG-IP System

  • Introducing the BIG-IP System
  • Initially Setting Up the BIG-IP System
  • Archiving the BIG-IP System Configuration

Chapter 2: Reviewing Local Traffic Configuration

  • Reviewing Nodes, Pools, and Virtual Servers
  • Reviewing Address Translation
  • Reviewing Routing Assumptions
  • Reviewing Application Health Monitoring
  • Reviewing Traffic Behavior Modification with Profiles
  • Reviewing the TMOS Shell (TMSH)
  • Reviewing Managing BIG-IP Configuration Data
  • Reviewing High Availability (HA)

Chapter 3: Troubleshooting Methodology

  • Step-By-Step Process
  • Step 1: State the Problem
  • Step 2: Specify the Problem
  • Step 3: Map the System
  • Step 4: Develop Possible Causes
  • Step 5: Test Theories
  • Step 6: Iterate Until Root Cause Identified
  • Documenting a Problem
  • Putting Troubleshooting Steps to Use

Chapter 4: Working with F5 Support

  • Leveraging F5 Support Resources
  • AskF5.com
  • DevCentral
  • iHealth
  • Leveraging F5 Labs
  • Working with F5 Technical Support
  • Running End User Diagnostics (EUD) - Hardware Only
  • New Platform Diagnostic Tools
  • Always-On Management (AOM) Subsystem
  • Requesting Return Materials Authorization
  • F5’s Software Version Policy
  • Managing the BIG-IP License for Upgrades
  • Managing BIG-IP Disk Space
  • Upgrading BIG-IP Software

Chapter 5: Troubleshooting – Bottom to Top

  • Introducing Differences between BIG-IP and LINUX Tools
  • Troubleshooting with Layer 1/Layer 2 Tools
  • Troubleshooting with Layer 2/Layer 3 Tools
  • Troubleshooting with Layer 3 Tools
  • Troubleshooting Network Communication
  • Troubleshooting Memory and CPU
  • Troubleshooting with watch
  • Troubleshooting with Additional tmsh commands

Chapter 6: Troubleshooting Tools

  • tcpdump
  • Wireshark
  • ssldump
  • Fiddler
  • diff
  • KDiff3
  • cURL

Chapter 7: Using System Logs

  • Configuring Logging
  • Log Files
  • Understanding BIG-IP Daemons Functions
  • Triggering an iRule
  • Deploying and Testing iRules
  • Application Visibility and Reporting

Chapter 8: Troubleshooting Lab Projects

  • Network Configurations for Project

SKU:F5-TRG-BIG-TRBL-INT2

価格:1,995米ドル

コース所要時間:2日間