顧客事例

ハムライン大学のハンズオフ セキュリティがハンズオン イノベーションを実現

ベネフィット

F5がセキュリティを管理することで、学生向けアプリケーションのためのITリソースを確保

セキュリティの状況を明確に把握することで、ITチームは攻撃をすばやく察知

大学独自のペースでクラウドに移行し、管理しやすい変革を実現

課題

少人数のITチームで過剰な仕事を抱えている

セキュリティのメンテナンスの優先順位が低くなりがちである

予算が限られているため、すべてのテクノロジに高い価値が求められる

ハムライン大学は、ミネソタ州セントポールにある小さな私立のリベラル アーツ カレッジです。この大学の特徴は、全課程を通して学生が地域社会のニーズや社会奉仕団体に貢献することを重視していることです。例えば、地域の小学校で生徒と実践的な学習活動を行ったり、環境浄化団体でインターンをしたりしています。このような教育理念が少人数のITチームにも表れていて、教室にいる学生や教員のための技術サービスの拡大と革新が常に求められています。こうしたニーズに直面している一方でスタッフや予算が少ないという制約があり、ハムライン大学のITチームはF5に支援を求めました。

ビジネスの課題

50を超える研究分野にわたり学生に実践的な体験をさせるという大学の方針に沿うために、ITチームは、慎重に検討された技術的ソリューションにより新規課程の要望に迅速に対応できる必要がありました。

例えば、音楽制作に新しい修了証が導入されたことで、学生は実際の現場で使用するであろう一連のソフトウェア サービスや機器を使ってオーディオ制作を実践練習する必要がありました。

しかし、大学のITチームは、日々の技術サポート、アプリケーションのアップデート、サーバーのパッチ適用などで、既に精一杯の状態でした。ITの現実として、デジタル化が進み、その範囲と複雑さが増すにつれて、セキュリティ要件はより厳しく、時間もかかるようになりました。少人数のITチームには、すべてのプロジェクトのニーズに応える時間もリソースもありません。

「セキュリティ パッチなどもタイムリーに作成されていない状況で、私たちはいつも急かされ、時間に追われていました。これではセキュリティを管理できません」とハムライン大学のインフラストラクチャ サービス担当ディレクター、Anthony Schroeder氏は言います。

また、ハムライン大学のITチームは別の課題にも直面していました。教職員や学生のためにキャンパスの外でもキャンパス内と同じように安全で、より俊敏な作業環境を構築する必要がありました。COVID-19下の状況以前より、実践的で実際的な学習という学校の特性上、どこにいても安全に仕事や学習ができることが求められていました。

ソリューション

ここ数年、ハムライン大学のITチームは、インフラストラクチャのデジタル化に注力し、財務や人事のコア モジュールの一部をデータ センタから新しいクラウドベースのプラットフォームに移行してきました。この移行でクラウド プロバイダによる補助的なセキュリティ サポートのメリットを実感しましたが、それ以上のものが必要でした。

学生情報システム全体をクラウドに安全に移行するために、チームはF5® Cloud ServicesとEssential App Protectを選択しました。Essential App Protectは、UIを数回クリックするかAPI呼び出しを数回行うだけで一般的なWebエクスプロイト、IP攻撃、組織的攻撃を追加設定なしですぐに阻止できるSaaSセキュリティ ソリューションです。

「F5は『簡単なボタン』のように、すぐに、私たちが必要としていた防御の第一線を提供してくれました。すべての教職員と学生が
大学のアプリケーションにアクセスできるようにするには、その前にそれを安全に行えることが
わかっていなければなりません」とSchroeder氏は言います。

この戦略はITチームの規模が小さいほど理にかなっています。監視やメンテナンスのすべてのニーズに対応するために組織のリソースを酷使するのではなく、F5のようなセキュリティの専門家に依頼することで、クラウド プラットフォーム全体でアプリケーションの一貫したセキュリティとパフォーマンスを大規模に提供することができます。

「オンプレミスのセルフマネージド システムを適格なプロバイダを使ってクラウドに安全に移行できれば、そのシステムに対して多くの作業をする必要がなくなります。中でも特に重要になるのがセキュリティであり、私たちはクラウド パートナーが最も厳しいセキュリティ プロトコルを準拠していることを確認しています」とシュローダーは言います。

Cloud Servicesを使用してアプリケーションをクラウドに移行したことで、ITチームは最も重要なことである学生に再び集中できるようになりました。「Cloud Servicesを利用してクラウドに移行し、Essential App Protectを使用することで、私たちは面倒なことをせず、教職員や学生の問題解決を支援し、全体として真の価値を提供できるようになりました。」

ベネフィット

自動化の進展

F5とのパートナーシップにより、Schroeder氏は、自分のチームが大学に提供するすべてのサービスにバックエンド サポートがあるという自信を持つことができました。「これまで私たちのチームは常に、すべてのセキュリティ サービスをメンテナンスして維持する責任を負っていました。」とSchroeder氏は言います。「正直に言うと、その仕事のためにスタッフの数を増やすことはできませんでした。しかし、Essential App ProtectとCloud Servicesがそれを自動的に行ってくれます。これが最大の付加価値です。」

可視性の向上

セキュリティ上の重要なメリットとして、Cloud ServicesとEssential App Protectにより、すべてのアプリケーションのアクティビティの監視が容易になります。「状況を詳しく調べたいとき、どんな脅威がブロックされているか、セキュリティ システムがどのように機能しているかを簡単に確認できます。私たちのように少人数のチームにとってセットアップが非常に簡単だったことは大きなメリットでした。F5のサービスを導入するのに専門的な知識は必要ありませんでした。少人数のチームでは、迅速かつ簡単なことが一番です。」

新たな焦点

ハムライン大学の教育理念は学生の実践的かつ実際的な体験を重視していることから、特定のコースを補完する特定のテクノロジへのニーズは高まる一方です。そのため、ITチームは増え続ける技術スタックを管理しなければなりませんが、セキュリティ維持の責任を分散するクラウド戦略を採用しているので安心です。F5のようなパートナーがいることで、同大学は少人数のITチームで通常対応できる範囲を超えて技術力を高めることができ、学生はキャリアで成功するために必要な技術的経験を得ることができます。