レポート

S&P Global Market Intelligence:クラウドとマネージド サービスの2020年の動向

ご登録ありがとうございます。

資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

コロナウイルス感染症のパンデミックは、クラウド導入のきっかけであると同時に加速要因にもなるでしょう。短期的には、企業は生き残りをかけて大規模なデジタル変革プロジェクトを後回しにし、生産性、収益、安定性の面ですぐに利益が得られる開発に専念することになります。こうした新たなニーズに対応できるサービス プロバイダは、柔軟なサービスと専門知識を提供することで成功を収めます。企業は、差し迫った危機に対処するためのIT支出で支援を受けたことで、コロナウイルス感染症が収束した後の長期的な支出でもこれらの関係を深めていくことになるでしょう。

このパンデミックの後、すでにクラウド リソースの恩恵を受けている企業は、クラウドの価値を肌で感じているため、おそらく今後もクラウドの導入を継続します。うまく対応できなかった企業は、迅速なソリューションを求めてクラウドに目を向け、より専門的なマネージド サービスを求めるようになるかもしれません。経営幹部は、より俊敏なビジネスを通じて失われた基盤を回復し、最悪の事態が再び訪れた場合に備えようとするため、保留されていたデジタル変革プロジェクトは加速するでしょう。COVID-19のパンデミックは、企業の運営、経済の活性化、人々のつながりを維持する上でクラウド技術が重要な要素であることをあらわにしました。

このレポートでは次の項目を解説しています。

次のハイブリッド/マルチクラウドの課題は、コントロール プレーンである。AI/MLビジネス インテリジェンスで強化された自動化とプログラマビリティに取り組んでいる企業は成功するでしょう

クラウド プロバイダが柔軟な消費モデルを構築する。柔軟性を備えたサービスを顧客に提供するベンダーは、停止していたデジタル変革プロジェクトが再開された後も、長期にわたって顧客ロイヤルティを享受できます

コアとなるマネージド サービスは標準化され、モジュール化される。IT部門による支出が再開されるとき、運用責任の大部分を標準化し、自動化できるサービス プロバイダにとって、大規模なプロジェクトに対する摩擦が軽減します