ポリシー

F5 Silverlineプライバシーに関する声明

発効日:2019年10月10日

概要

F5のSilverlineマネージドセキュリティサービス(「サービス」)は以下を提供します。

  • 専用のサービス拒否(「DDoS」)攻撃に対する保護。さらに
  • Webアプリケーションファイアウォール(「WAF」)。  

このプライバシーに関する声明は、F5がサービスを通じて処理する顧客データに適用されます。

当事者の役割

EUおよび同様の管轄のデータ保護法に基づき、F5は顧客データの処理者であり、当該データに個人データが含まれる限り、顧客は当該データの管理者(またはその代理)となります。 

サービスによって処理される個人データ

サービスを使用するために、顧客はF5サーバーを介してネットワークトラフィックをルーティングします。このネットワークトラフィックには、個人データ(顧客のオンラインプロパティへの訪問者のIPアドレスなど)が含まれる場合があります。

個人データの処理

サービスは、不正なアクティビティ(DDoS攻撃やハッキングの試行など)がないか顧客のネットワークトラフィックを検査します。サービスがネットワークトラフィックパケットに悪意のあると判断した場合や、顧客が指定したブロッキングの基準を満たしていると判断した場合、サービスはパケットをドロップし、顧客が後で確認できるようにブロッキングイベントのログ(パケットの送信元IPアドレスを含む)を作成します。それ以外の場合、サービスはパケットを宛先に送信するのみです。

オンラインプロパティへのアクセスがブロックされた場合の対処方法

サービスがユーザーから顧客のオンラインプロパティへのアクセスを不正にブロックまたは制限していると思われる場合、顧客に連絡して、アクセスの復元をリクエストしてください。サービスがアクセスをブロックする際にサポートID番号が表示された場合、顧客へのリクエストにそのサポートIDを含めてください。

ページ情報

F5のプライバシー慣行の詳細については、F5プライバシーに関する通知を参照してください。F5がサービスを顧客に提供する際に処理する顧客データに関してユーザーの権利を行使するには、その顧客に連絡してください。