F5 GLOSSARY

Independent Computing Architecture (ICA)

ICAとは「Independent Computing Architecture」の略で、リモート デスクトップ環境で画面転送を行うためのプロトコルの1つです。Citrix Systems社が開発し、同社のVDI(Virtual Desktop Infrasuructure:仮想デスクトップ基盤)製品である「XenDesktop」や、アプリケーション仮想化製品である「XenApp」で使用されています。またこれらの仮想デスクトップや仮想アプリケーションに対し、ICAで接続するためのクライアントとしては、「Citrix Receiver」が提供されています。ICAを利用することで、クライアントOSやクライアント アプリケーションをサーバ側に集約して実行し、クライアント側には画面転送だけを行う「サーバ ベース コンピューティング」というシステム形態を実現できます。

ICAの最大の特徴は、ネットワークの使用帯域が少ない点にあります。そのためWAN経由でも軽快な画面表示が可能です。またCitrix Receiverは多様な端末をサポートしており、PCはもちろんのこと、タブレットやスマートフォンからでも、Windows等の仮想デスクトップにアクセスできます。

F5が提供する「F5 BIG-IP Access Policy Manager(APM)」は、ICAプロキシ機能を装備しており、リモート アクセスにおけるXenDesktopやXenAppの利用を、安全に行えるようにします。


< Return to the glossary