共同スポンサー:F5

2020年版Telecoms.com年次業界調査

送信していただきありがとうございます。資料をダウンロードできるリンクを記載したメールをまもなくお届けします。メールボックスをご確認ください

通信業界は、2020年も毅然としています。通信事業者の44%がCOVID-19による打撃を受けましたが、回答者の2/3は2020年の通信業界の業績は好調だったと考えており、77%は2021年の業界を前向きに捉えています。今年の調査レポートでは、通信業界の現状の概要について説明し、5G、ブロードバンド、デジタル トランスフォーメーション、エッジにおけるインテリジェンス、セキュリティという5つの分野を深く掘り下げています。

主な調査結果は以下のとおりです。

  • 回答者の68%が、仮想化された5G Coreをすでに導入しているか、今後12か月以内に導入する予定がある
  • 過去12か月間に最も攻撃されたネットワークの要素はDNSサービスだった
  • ビデオベースのアプリケーションがブロードバンドの需要を引き続き牽引する
  • 防御が最も難しいのはクラウド アプリケーションおよびインフラストラクチャである
  • コストはエッジ コンピューティング普及を阻む最大の障壁