Silverline Shape Defense

大規模な詐欺を防ぐ高度なボット検出

このマネージド セキュリティ サービスにより、自動化されたボット攻撃からWebアプリケーションを保護し、大規模な不正行為、運用コストの増大、エンド ユーザーにとっての問題を防ぐことができます。

ボット検出により不正行為を防止

F5 Silverline Security Operations Center(SOC)が管理するSilverline Shape Defenseでは、アカウント乗っ取りからの保護などにより、大規模な不正行為を防止できます。

アカウント乗っ取りからの保護

アカウント乗っ取りからの保護

ログイン アプリケーションから盗まれた資格情報がすぐにテストされないようにし、アカウント乗っ取りを防ぎます。

在庫の買い占めを防止

在庫の買い占めを防止

キャンペーン商品や需要の高いアイテムを、ダフ屋ではなく顧客に直接販売できるようにします。

ロイヤルティ プログラムを保護

ロイヤルティ プログラムを保護

ギフト カードやロイヤルティ ポイントなどの保存された価値を顧客が維持できるようにします。

カーディング詐欺を抑制

カーディング詐欺を抑制

盗んだクレジット カードの有効性を、ユーザーのチェックアウト ページで確認できないようにします。

スクレイピングを拒否

スクレイピングを拒否

スクレイパーやアグリゲーターがWebサイトからデータを収集できないようにすることで、機密データを保護し、インフラストラクチャのコストを管理できます。

マーケティング詐欺を削減

マーケティング詐欺を削減

ビジネス分析とマーケティング支出が、自動化されたボットではなく、人間によって主導されるようにします。

仕組み

Silverline Shape Defenseでは、相手の手口が変わっても、ボットやその他の自動化された攻撃からWebアプリケーションを継続的に保護できます。このマネージド サービスでは『OWASP Automated Threats to Web Applications』のリストにあるような高度な攻撃を防ぐことができます。その詳細をご覧ください。

ビデオを見る>

Silverline Shape Defenseのインフラストラクチャ

強力なShapeネットワークを活用する

Shapeネットワークなら、次のような世界クラスのアプリケーション保護を実現できます。

高度なAIと機械学習:不正なアプリケーション要求をリアルタイムで抑制します。また、その他の問題を発生させずに、機械ではない本当の人間からの要求を許可します。

集合的な防御:1日に10億回以上の不正ログインの試みがブロックされ、1億5,000万件以上の人間による取引が保護されます。

Webポータルで、攻撃に関する分析情報と脅威インテリジェンスを得られます。

F5 SilverlineカスタマーWebポータルでは、攻撃に関する詳細情報をリアルタイムに取得できるほか、アプリケーションへの攻撃を検出および防止する対策を高度に可視化できます。Silverline Shape Defense、Silverline DDoS Protection、Silverline WAFは、簡単に統合できます。これにより、アプリケーションを保護するアクションを一元的に表示可能です。

F5 Silverline Threat Intelligenceサービス アドオン

Threat Intelligenceアドオンは、悪意のあるトラフィックでの利用が知られているIPをくまなく検出してブロックし、攻撃に関連する好ましくない通信を削減します。

フィッシング プロキシ

フィッシング プロキシ

フィッシング、クリック詐欺、ゲーム詐欺のサイトをブロックします。

スキャナ

スキャナ

プローブ、スキャン、ブルート フォース攻撃を特定します。

ボットネット

ボットネット

ボットネット コマンドやコントロール チャネル、およびボットマスタにより制御される感染したゾンビ マシンを拒否します。

匿名プロキシ

匿名プロキシ

プロキシと匿名化サービス(TOR)の抑制

DDoS攻撃

DDoS攻撃

DDoS攻撃で使用されているIPを検出し、ブロックします。

リソース

各ソリューションの紹介

デモを見る

マネージド サービスによって、Webとモバイルのアプリケーションを、自動化された高度な攻撃やエクスプロイトからどのように保護できるのかをご紹介します。

詳細情報を入手する

広範なアプリケーション保護により、『OWASP Automated Threats to Web Applications』のリストにあるような詐欺を阻止しましょう。

サービスを開始する

大規模な不正行為、運用コストの増大、ユーザーにとっての問題を引き起こすボット攻撃を防止します。