ライブWebセミナー

クラウドネイティブ インフラストラクチャにより5Gで成功する方法

開催日:2020年12月3日(木曜日)
時刻:午前10:00(太平洋標準時) | 午後1:00(東部標準時)

クラウドネイティブ インフラストラクチャは、サービス プロバイダが5Gで成功するための基盤となります。5Gのクラウドネイティブ インフラストラクチャを定義、管理、制御できることで、サービス プロバイダは、レイテンシをミリ秒以下に抑えた処理能力をネットワークのエッジにもたらし、顧客に新たなイノベーションの機会を提供することができます。

最適なカスタマ エクスペリエンスを提供するためのベスト プラクティスは、コアからネットワークのエッジやファー エッジまで、Kubernetesをベースとしたクラウドネイティブ インフラストラクチャを展開することです。そしてその課題は、インフラストラクチャを管理するチームの可視性、制御、セキュリティの要件を満たすためのKubernetesがネイティブに組み込まれていないことです。

このセッションでは、5Gのクラウドネイティブ インフラストラクチャを効率的に展開して管理するためのF5ソリューションをご紹介します。

以下により、お客様の4Gからの移行をどのようにサポートするかをご紹介します。

  • BIG-IP Service Proxy(Kubernetes向け)(SPK)。マルチプロトコル コンテナベースのシグナリング制御、セキュリティ、および可視化ソリューションです。
  • Carrier-Grade Aspen Mesh。キャリアが求める規模で運用するための重要な機能を提供する、Istioをベースとしたサービス メッシュです。

講演者

Philip Klatte


Philip Klatte

シニア プロダクト マネージャー
F5

Shawn Wormke


Shawn Wormke

エンジニアリング担当副社長
F5

モデレーター

Webセミナー


Rich Lopez

シニア戦略アーキテクト
F5

Thank you for registering, a confirmation email will be sent to you shortly.